読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

琵琶湖の夕景@ガーデンミュージアム比叡

大変、遅くなりました…ひと月遅れ、 10月のガーデンミュージアム比叡の続きです。^-^; 展望台から見える北湖。 琵琶湖は琵琶湖大橋の南が南湖(なんこ)、北が北湖(ほっこ)と呼ばれます。 うっすら浮かんで見えるのは沖ノ島(沖島)。 私は元滋賀県民な…

横顔のお月さまと金星、そして噴水。

本日の琵琶湖の夕暮れ時。 ほんのり柔らかなグラデーションが東の空を彩ります。 今日の琵琶湖は風が強くて波が立っていました。 西の空には、まるで流れ星のような飛行機雲ひとつ。 琵琶湖が見えるお店。 次第に辺りは暗くなり、 浜大津港の噴水があがりは…

梅と小鳥とアオバトさんと。@石山寺(少し追記あり)

3月8日、梅を見に石山寺@滋賀県にまいりました。 石山寺は紫式部がここで源氏物語を執筆したと言われるところです。 梅林で梅を眺めていると、 チチチチっと賑やかしくメジロ軍団がやってきました、笑。 というわけで、しばし、梅とメジロ劇場をお楽しみ…

早春の琵琶湖の一日。

3月の日曜日、穏やかな琵琶湖畔。 湖上には水鳥たちがいっぱい。 ゆらゆらぷかぷか。 キンクロハジロたちもこの時間は潜りもせずにゆったり過ごす。 おや、オオバンもいますね。 彼らもゆらゆらぷかぷか。 琵琶湖の向こうの比良山系、白いのは雪なのか、そ…

琵琶湖のユリカモメ<その2>

前回の「琵琶湖のユリカモメ<その1> 」 の続きです。 この日、それほど風も強くなく、穏やかなお天気でした。 <その2>は、飛んでいるユリカモメシリーズ。 すぃ〜っ♪ ホバリング中。 ホバリング中はあんよが出てますね。 この宙に留まるワザ、ユリカモ…

琵琶湖のユリカモメ<その1>

1月の連休の初日、琵琶湖へまいりました。 この日はかすんでいましたが、うっすらと雪をかぶった比良山系が見えました。 琵琶湖に雪山、この景色が昔から好きです。 ビアンカの手前にユリカモメがおりました。 琵琶湖のユリカモメは近づいても逃げません。 …

郷山へ -その2- 郷の風景

さて、大石の郷山の続きです。 これはちょっと小高い山の上からのながめ。 新緑が美しい郷の風景。 林のなかには木漏れ日がさします。 山裾にある梅林。 ここの梅は梅の実をとるために剪定されているので、木が低いのです。 小さな実がなっていました。 ここ…

郷山へ -その1- 足もとに咲いていた花たち

さて、記事が前後しますが、 GW前半の最終日、お天気のよかった日にすこし田舎へと足を伸ばしました。 ここは滋賀の大石にある「寿長生の郷(すないのさと)」。 菓匠「叶 匠壽庵」が持つ郷の施設です。 お迎処となっているこの建物は江戸末期に建てられた古…

「琵琶湖周航の歌」を聴きながら♪

昨日に引き続き、今週のお題「2013年のゴールデンウィーク」 GWの中日の蓬莱山からの続きです。 雨風で大荒れとなった山からひゅーんとロープウェイで下界に降りた後、 琵琶湖大橋を渡って、湖西道路に向かいました。 琵琶湖大橋の追い越し車線を通ると「メ…

蓬莱山はまだ春じゃなかった。

今週のお題「2013年のゴールデンウィーク」 GW後半の中日、お天気もまずまずだったので、ちょいと山へと出かけました。 とはいえ、ふもとから登るのは大変なので、 文明の利器を使って、一気に山の上へ…(^^; 琵琶湖バレイって、昔はたしか定員4名だったかの…

海津大崎の桜-番外編-漁港で出会った猫ちゃんたち

海津大崎の桜、最後は番外編です。 海津大崎への道はこの日片道一方通行の交通規制がかかっていたので、 かなり手前の臨時駐車場に車を止めて歩くことにしました。 そして、ちょっと手前に小さな漁港があったのですが… そこで、猫ちゃんたちに出会ったのです…

海津大崎の桜その2-海津大崎編-

4月14日(日)海津大崎の桜の続きです。 海津大崎の山手には「大崎寺」というお寺があります。 お寺からの琵琶湖のながめ。ちょうどもみじが赤い小さな花をつけていました。 境内の山桜。お寺にはやっぱり山桜がよく似合います。 このお寺には「安土の血…

海津大崎の桜その1-桜並木編-

4月14日(日) 海津大崎の桜が見頃だというので、朝からお弁当を作って見に行って来ました。 車窓から、琵琶湖に浮かぶ白鬚神社の鳥居をパチリ。 久しぶりの琵琶湖。この日は、ちょっと霞んでいました。 海津大崎までは交通規制がかかり片側一方通行にな…

石山寺へ

1月3日、紫式部ゆかりの寺、石山寺に行ってまいりました。 出迎えてくれたのは光源氏もびっくり「おおつ光ル」君。 「くぐり岩」 ムスメにつられてうっかり通ってしまいました…狭かった…。 入り口の岩、亀さんに見えます。 苔むした社。 この硅灰石が「石…

湖岸道路から。

久しぶりに琵琶湖沿いの道路を通りました。 走る車の中から、”たそかれとき”の琵琶湖を切り取り。 近江大橋を過ぎ、車窓から南湖の広がりが見えてくると、心が躍ります。 今日の夕暮れは、それほど赤く染まらず。 青いままの夕暮れ。 おやおや? 空に魚がち…