風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

風景

雪の大文字と鴨川のユリカモメ♪

冬の青い空に、 白い大文字がよく映えます。 河原の雪はすっかりとけました。 お天気はよいけれど、ダイサギさん、水冷たそう。 1日あいただけで、月曜日の雪の風景とは全く違う景色。 川を眺めていたら、ふと白い鳥が2羽、飛んでいきました。 おや? 今、…

雪の鴨川から。

土曜日から降り始めた雪は、月曜日にもまだ残っていて、 「法」の字も、 「大」の字も、 白く雪化粧。 橋の南側はシャーベット状態で、 ベンチも白いお座布団敷いている。 お天気はコロコロとめまぐるしく移り変わり、 振り返って見上げれば、青空が見える。…

雨上がりの賀茂川にて♪

雨上がりの賀茂川、 いつもより多い水量が流れて行きます。 カモさんの近くにアオサギさんがやって来ました。 テクテク。 アオサギさんは右岸へ。 カモさんたちはお食事中。 新緑が眩しい。 川面も眩しい。 アオサギさん再び。 ダンスをするように獲物を狙う…

新緑とモッコウ薔薇 @ 鴨川にて。

新緑の季節、 若葉萌え、 柔らかな緑。 木々を見上げて、 萌える緑も色々。 咲いている花も移り行き、コデマリや モッコウ薔薇が満開。 モッコウ薔薇はもこもこ。 モッコウ薔薇のアーチ。 流れ落ちるように咲く。 モッコウ薔薇の向こう、鳶が飛んでいった。 …

桜と幻日♪ -京都桜散歩2016-

夕刻の賀茂川。 淡いピンク色の桜並木が続く。 そこは、桜のトンネル。 土手から川のほうに目をむけると、西日が映り込んでいた。 鳥たちは塒に帰る頃…、 夕方の桜を眺めていたら、 桜の向こう、雲のなかに光を見つけた。 そう、それは幻日。 薄雲のなかの虹…

春の海辺で♪

春の海は、穏やかでした。 貝殻に波の音を記憶させようとしたら、 波に洗われて転がっていっちゃった。 さて春の海辺では、さざ波の音に混じっていろんな野鳥の声が聞こえて来ます。 それは背後の防風林から。 時おり、鶯の鳴く声がしていたのだけれど、それ…

京都、雪の大文字。

朝、カーテンをあけたら雪景色でした。 ベランダの手すりにもこんもりと。 チューリップが咲いたような雪の結晶を見っけ♪ さて、どれだかわかりますか? (こんもりとしたところの左側に…) ^-^ 久しぶりに雪の大文字。 空気はキィンと冷たいです。 だれかが…

冬の鹿物語 @ 高野川にて

いいお天気の小正月、 高野川沿いを歩いていたら、三頭の鹿たちに出逢いました。 数日前もバスでここを通った時にいるのを見かけたので、 このところ、この辺りをうろうろとしているのかもしれません。 可愛いお顔♡ 目が合いました、^-^ でもやっぱり人間見…

初春の薄明光線。

夕方、お散歩に出かけたら、西の空に薄明光線が出ていました。 それはまるで、雲から放出するように。 しばらくすると、薄明光線は夕焼け色に染まりはじめました。 金色をした薄明光線。 夕日は鎮守の森へと沈みゆきます。 少し高台から見ると、鎮守の森のさ…

嵐のあとの鴨川。-スズメとユリカモメたち-

本日2本目のエントリーです。 昨晩、よほど雨がふったのか…、本日の鴨川。 亀石たちも濁流の中で頑張っています。 本日、亀石渡れません。 でも、コサギさんは空を飛べるから平気。 橋にへばりついてる蔦。 おや? あれはもしかしてユリカモメ♪ 今シーズン…

栄摂院の散り紅葉。 ー京の紅葉便りー

真如堂からくろ谷さん(金戒光明寺)へ行こうと歩いていたら、 途中、白壁に映える大きな紅葉の木が目に留まりました。 ここは金戒光明寺塔頭の「栄摂院(えいしょういん)」 ふだんはお庭に入ることは出来ませんが、 紅葉の時季はなかに入ることが出来ます…

冬到来、青い鴨川。-帰ってきたコガモたち-

青い鴨川。 この冬も、コガモたちが鴨川に帰ってきました♪ まるで絵で描いたような水面を泳いでいきます。 ちゃぷん…♪ 暖かそうな羽毛…^-^; そして夕刻。 クレーンと夕焼け。 夕焼けも冬の風景になりました。 手袋が恋しい季節です。 <お知らせ> 京の小径…

「無鄰菴」の紅葉、カモたちと一緒に庭園散策♪ ー京の紅葉便りー

京都岡崎界隈、小春日和の紅葉逍遙。 琵琶湖疏水の道を挟んだところに、 ここ、山県有朋の別荘だった「無鄰菴(むりんあん)」はあります。 入り口入ったところ。 では、中へ入ってみましょう。 このお庭は七代目小川治兵衛の作庭。 東山を借景に、疏水の水…

紅葉のプロムナード…岡崎界隈。ー京の紅葉便りー

琵琶湖疎水の紅葉。 この日はいいお天気でした。 鳥居と紅葉。 紅葉の絨毯のプロムナード。 小春日和。空の色が気持ちいい。 空の紅葉と、 地面の紅葉。 この日は京都市美術館へ「フェルメールとレンブラント」を観に行っていました。 ↓ kyonokomichi.hatena…

京都「八瀬もみじの小径」の紅葉散策♪

本日の記事は、今週のお題にのっかって、おすすめの紅葉スポットに 「八瀬もみじの小径」を、エントリーしたいと思います。^-^ これは2014年11月連休に八瀬を訪れた時の写真です。 去年、記事にしそびれたのですが、 1年ぶりにご紹介したいと思います…

鴨川、秋の夕空♪ 

鴨川沿いの夕方は、優しい色に包まれていました。 大きな翼を広げた白鳥が飛び立とうとしている?! ような雲。 あ、でもこの肋骨のような雲の先っぽは、横顔のようにも見えます。 がおーって、言ってるよね?! 笑 ^-^;; もう1羽、こちらの木立からも飛び…

アサギマダラが舞う「藤袴と和の花展」@梅小路公園(再編集)

ガーデンミュージアム比叡の記事がまだですが、先にこちらの話題を…。 先日、思い立って朝から梅小路公園へと行ってまいりました。 目的はこの「藤袴と和の花展」。 まず、入り口で秋の花がお出迎え。 「朱雀の庭」にはこの入り口から入って行きます。 入場…

中秋の名月の月の出 @ 鴨川

9月27日(日) 中秋の名月のこの日、昼間は曇りがちなお天気でしたが、 夕方になって東の空は気持ちのいい青空が広がりました。 ふと気がつくと、白いお月さまが、 いつの間にか山の端からひょっこりお顔を出していました。 あっと言う間に山の端からこん…

梨木神社「萩まつり」その② 奉納行事(狂言・舞楽・尺八)編。

本日の記事は、『梨木神社「萩まつり」その① 萩の宮編。』の続きです。 このシルバーウィーク、梨木神社では「萩まつり」が開催されています。 境内には萩の花が咲きこぼれ、 時折、とても美しい小鳥のさえずりが境内に響き渡ります。 そんな穏やかな秋の空…

萩の寺・常林寺にて。

ここは出町柳にある萩の寺、常林寺。 久しぶりのお天気。 境内のお庭は、萩の花ざかり。 まずはこちらの地蔵尊にお詣り。 そして、萩の花を愛でましょう。 ススキと萩。 参道には早くもこぼれ落ちた萩の花びらが、ピンクの絨毯をつくっています。 萩の向こう…

<夏の思い出> ホオジロ & ヒナ達

9月に入ってずっと雨続きです。 晴れたと思ってもお天気が1日持ちません。 そして昨日からは台風の影響でまたずっと雨…。 そのせいもあって、9月になってからほとんど写真を撮っていません。 でも、まだまだ夏の写真が残っているので、^-^; 今日もそんな…

名残の夏の鴨川にて@四条大橋。

夏の終わり、朝の鴨川。 澄み渡った気持ちのいいお天気♪ ^-^ 川を渡って来る風もさわやかで、 なんとなく初秋の気配も漂います。 出雲の阿国も青空を見上げ、 夏の名残のように百日紅が咲いていました。 さあ、今日も一日がはじまるよ♪ この日、朝から出かけ…

智積院にて、その②。-桔梗・紫陽花編-

前回のエントリー「 智積院にて、その①。-名勝庭園編- 」の続きです。 さて、智積院「名勝庭園」をあとにして、我々は金堂へと向かいました。 智積院は桔梗紋。 参道には桔梗の花。 今年は桔梗の花も早いのか、 やや盛りを過ぎているような感じでした。 玄宥…

花菖蒲と睡蓮と紫陽花と@平安神宮神苑・無料開放日にて。

本日のエントリーは少し遡って6月の初旬、 平安神宮の花菖蒲を見に行ったときの様子です。 この日は神苑無料開放の日でした。 (無料開放の日は6月上旬と9月19日と、年に2回あります。) 大極殿の上は、今にも雨が降り出しそうな空模様。 中に入る前に…

梅雨入り。

6月3日、久しぶりの雨で山は靄っていました。 そして、近畿地方は梅雨入りしたそうです。 大文字山に垂れ込める雲も心なしか重たくて。 比叡山はすっぽり雲のなか。鴨川の水も少しは回復…。 アカツメクサの葉っぱには水玉がぽろん、ぽろん。 セキレイさん…

鴨川、夕景。-カルガモ親子と夕焼け-

連日昼間は30度を超えている京都です。 三条大橋。 夕方、鴨川沿いを涼みながらそぞろ歩き。 日が傾いて、日陰になっているから、河原で休憩するのもいい感じ。 ダイサギさん、獲物を物色中。 床にもそろそろ灯がともる頃。 でも空はまだまだ明るい。 おや…

新緑の古知谷・阿弥陀寺、そして大原の里へ。-オオルリさんとクリンソウ-

4月26日(日) 走っている車の中からパチリ。 山がまだ若葉の黄緑色で美しい頃、 大原の奥にある古知谷(こちだに)へとまいりました。 古知谷・阿弥陀寺です。 お天気がよかったので、もみじの若葉が輝いていました。 「弾誓佛一流本山」 ここ阿弥陀寺は…

鴨川の白い花に集うもの♪

GWウィーク明け、久しぶりの鴨川歩き。 白いクローバーが満開でした。 おや、白い花のバリエーションが増えています。 これは白丁花(ハクチョウゲ)の花。 この花の周りでは、クマバチがグルグルと見廻りをしておりました。 こうして花に近づこうもんなら、…

雨上がり、新緑の神護寺へ。-かわらけ投げ-

少し時を遡って、4月19日の日曜日に戻ります。 槇尾山・西明寺を後にして、次に向かったのは、高雄山・神護寺でした。 靄でけぶる清滝川。 弘法大師が硯のかわりに使ったと言われる「硯石」。 硯石の前の樹々の間から、槇尾山のツツジと新緑が見えました…

槙尾山のつつじ、そして新緑の西明寺へ。(聖天堂の写真追加あり)

少し時を遡って4月19日の日曜日、 雨模様の日曜日でしたが、槙尾山のつつじをみたくて、 行ってまいりました。 ここは西明寺の裏山にあたるところで、 ピークには数万本のつつじが全山を覆うそうです。 私たちが訪れた時には、ピークを過ぎていましたが、…