読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

赤い光と10月の蝉。(追記あり)

夕空 風景 自然 今週のお題 曼殊院門跡

10月10日(木)

以前、体育の日は10月10日でした。

ムスメの幼稚園の運動会はこの日といつも決まっていましたが、

体育の日が10月の第二月曜に変わってからはどうされているのかな?

やはり体育の日にされているのかな?

ということは今年は10月14日ですね。

でも、10月14日が体育の日と言われても、ピンときません…。

(いまだにこのハッピーマンデーというものに慣れないのです。

月曜日がお休みで、祝日だという認識はあるのですが、

いったい何の日だったのかが、ピンとこないのです…-_-;)

さて、今年の体育の日は、体育日和になってくれるでしょうか。

f:id:kazenokomichi:20131010230457j:plain

この日はいいお天気でした。さすが10月10日!

f:id:kazenokomichi:20131010230530j:plain

というわけで(どういうわけで?!^-^;)

再びコスモスに会いに行きました。(先日はお日様沈んだあとだったし。)

f:id:kazenokomichi:20131010230649j:plain

夕陽のなかのコスモス。

f:id:kazenokomichi:20131010231205j:plain

ここはコスモスはもうほとんど残ってなくて、金色の草畑。

f:id:kazenokomichi:20131010231215j:plain

銀色の草穂も皆金色に染まる。

f:id:kazenokomichi:20131010230713j:plain

赤く燃えるチカラシバ。

f:id:kazenokomichi:20131012135926j:plain

紫蘇の花も夕陽に輝く。

f:id:kazenokomichi:20131010230617j:plain

 ふと、足もとのオシロイバナには小さなシジミチョウが蜜を吸いにきていました。

f:id:kazenokomichi:20131010231258j:plain

振り向くと、金色の夕陽。

f:id:kazenokomichi:20131012135935j:plain

おやおや、この電信柱には草が絡まって…。

f:id:kazenokomichi:20131012140108j:plain

もうすぐ日が沈みます。

f:id:kazenokomichi:20131012140052j:plain

南の空には白いお月様。

f:id:kazenokomichi:20131012140121j:plain

林の向こうで、お日様が金色から赤色に変わり、

f:id:kazenokomichi:20131012140208j:plain

白壁に、赤い光がさしました。

f:id:kazenokomichi:20131012140130j:plain

苔ももみじの幹も赤く染まります。

f:id:kazenokomichi:20131012140235j:plain

曼殊院門跡の白壁にお日様が描いた壁画。

お日様が沈んだら、跡形もなく消え失せるつかの間の芸術。

f:id:kazenokomichi:20131012140243j:plain

気の早いもみじが少し色づき始めているというのに、

山のほうから、ツクツクボウシの鳴く声が聞こえて来ました。

f:id:kazenokomichi:20131012140250j:plain

バシャンっと大きな水音がしたのでびっくり。

背後で鯉が跳ねたのでした。

f:id:kazenokomichi:20131012140301j:plain

お日様はもう山の向こうに隠れ、

f:id:kazenokomichi:20131012140326j:plain

名残の夕焼け。

f:id:kazenokomichi:20131012140319j:plain

 だんだん、オレンジ色から群青色へと変わる雲。

f:id:kazenokomichi:20131012140337j:plain

空には、ポツンとお月様だけが浮かんでいました。

f:id:kazenokomichi:20131012140345j:plain

 空が群青色になって、お月様は白色から金色へ…。

その輝きをもって、だんだん存在感をあらわしていくのでした。

 

10月になってツクツクボウシの声を聞いたのなんて、はじめてかもしれません。

そしてコスモスの写真を撮っていたら、蚊にさされまくりました。

蚊もまだまだ活躍中。-_-;(もうそろそろ活動終わりになさってください。)

 

そして、どこでついたのか(←たぶん畦だろうけれど…^-^;)

帰って来たら、足もとにいっぱいひっつき虫が…-_-;

一部、上のポロシャツにも。

(きゃー、恥ずかしい! まったく気づかずに歩いてた!)

昨日、洗濯して乾いたタオルをたたんでいたら、そこにもひっつき虫が…。

おのれ!ヌスビトハギ*1め。

このひとたち、一度衣服にくっつくと、なかなかとれないのですね…涙。

そして付いているのに気づかず洗濯したら、他のものにもくっついてるし。

油断ならぬやつらです…とほほ。

 

今週のお題「スポーツの秋」

 

(追記)

今日(10月12日)は、涼しくなりました。(平年通り?)

夕方になって窓をあけたままだと、寒いぐらい。

うん、これが本来の10月の気候よね。^-^

*1:なぜ、この通称ひっつき虫のひとつである植物が盗人萩という名なのか。かの牧野富太郎博士によると、抜き足差し足忍び足な泥棒の足跡の形が、この植物の果実に似ているのだとか…そうだったのか!!てっきり盗みに入った盗人が、このひっつき虫をいっぱいつけているからついたのだと思ってました…^-^;