読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

「迷いの窓」から見える景色-源光庵-

ちょうど一週間前のこと、 光悦寺に行く前に鷹峯の源光庵にまいりました。

f:id:kazenokomichi:20131112180024j:plain

「源光庵」は禅宗のひとつである曹洞宗のお寺です。

f:id:kazenokomichi:20131112180810j:plain

参道の横には、りっぱな北山台杉が立ち並びます。

f:id:kazenokomichi:20131112180928j:plain

さて、ここでおさらい。(最近まったくいろんなことがうろ覚えなため。)

「曹洞宗」は道元が鎌倉時代に宋に渡り、その教えを日本へ持ち帰りました。

f:id:kazenokomichi:20131112181029j:plain

「源光庵」は正式には「鷹峯山寳樹林源光庵」と号します。

本堂は元禄七年の創建。

天井は伏見桃山城の遺構である血天井になっています。

(こわいので、あまり天井は仰ぎ見ず…)

f:id:kazenokomichi:20131112182129j:plain

「悟りの窓」と「迷いの窓」

f:id:kazenokomichi:20131112182238j:plain

悟りの窓は円型に「禅と円通」の心を表わし、円は大宇宙を表現。

f:id:kazenokomichi:20131112182432j:plain

迷いの窓は角型に「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表すのだそう。

(以上、パンフレットより)

f:id:kazenokomichi:20131112183726j:plain

二つの窓を正面から。

f:id:kazenokomichi:20131112182801j:plain

「迷いの窓」からは山茶花が咲いているのが見えました。

f:id:kazenokomichi:20131112182652j:plain

斜めの位置からズームすると、お庭のもみじも少し色づいているのも見えます。

f:id:kazenokomichi:20131112183009j:plain

裏の庭園。

f:id:kazenokomichi:20131112183222j:plain

お日様に照らされるもみじ。

f:id:kazenokomichi:20131112182853j:plain

先ほど丸い窓から見えていた山茶花。

f:id:kazenokomichi:20131112183335j:plain

赤と黄色の千両。

f:id:kazenokomichi:20131112183441j:plain

渡り廊下の窓も結構好き。これは何の窓?

f:id:kazenokomichi:20131112181915j:plain

門の佇まいはどことなく中国風。

f:id:kazenokomichi:20131112181925j:plain

お日様に輝くすすき。

f:id:kazenokomichi:20131112181947j:plain

南天の実も赤くなりました。

f:id:kazenokomichi:20131112181847j:plain

ひとつだけまだ咲いていたホトトギス。

f:id:kazenokomichi:20131112182037j:plain

本堂の横のもみじはまだ青もみじ。

f:id:kazenokomichi:20131112182045j:plain

 散り紅葉ともみじの影。

f:id:kazenokomichi:20131112192334j:plain

まっすぐのびる北山杉に見送られて…。

 

ー☆ー

ネットの紅葉情報をチェックしていたら、

今週になって、源光庵も「青葉」から「色づきはじめ」になっていました。

昨日からぐっと冷え込んだので、いっそう紅葉はすすむかもしれません。

悟りの窓、迷いの窓から見える紅葉が美しくなっていることでしょう。

 

家では思わずヒーターのスイッチを入れてしまいました。

そしてお三時は、きのうのコメントにインスパイアされて(笑)

やっぱり焼き餅入りぜんざいでした♪

(写真撮り忘れ、^-^;)

 

(2015.12.12追記)

2015年の11月19日に行ったときの様子です。

kazenokomichi.hatenablog.jp