読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

仕舞い紅葉、敷き紅葉-圓光寺その4-

風景 おでかけ 京都 紅葉 圓光寺

12月1日

f:id:kazenokomichi:20131206083107j:plain

12月に入って、再び圓光寺を訪れました。

f:id:kazenokomichi:20131206003146j:plain

おもだった紅葉は葉を落とし、

f:id:kazenokomichi:20131206003427j:plain

 水琴窟の水盤にも、冬木立が映ります。

f:id:kazenokomichi:20131206003336j:plain

そんななか、

f:id:kazenokomichi:20131206003404j:plain坐禅堂の前の黄葉のもみじがひときわ目をひきました。

f:id:kazenokomichi:20131206003534j:plain

栖龍池も、

f:id:kazenokomichi:20131206003551j:plain

散り紅葉の池に。

f:id:kazenokomichi:20131206003605j:plain

灯籠のまわりも、

f:id:kazenokomichi:20131206003622j:plain

水のまわりも、

f:id:kazenokomichi:20131206003518j:plain

根っこのまわりも、

f:id:kazenokomichi:20131206003644j:plain

竹林も中も、散り紅葉でいっぱい。

f:id:kazenokomichi:20131206003739j:plain

東照宮のもみじは金色に輝いていました。

f:id:kazenokomichi:20131206082548j:plain

この日は少しかすんでいました。

f:id:kazenokomichi:20131206082601j:plain

右前方の赤茶色になった山は、「妙法」。

f:id:kazenokomichi:20131206003800j:plain

 振り返ると、金色もみじの向こうの山に目がいきました。

f:id:kazenokomichi:20131206003905j:plain

いろいろな緑の色と赤い色と…。

f:id:kazenokomichi:20131206082615j:plain

 故人が眠るお墓の向こうに見えた竹林と紅葉。

ここ圓光寺には、金福寺の回でご紹介した「村山たか女」のお墓があります。

そもそも彼女が三条の河原に晒された時に、助けたのは圓光寺だったそうです。

f:id:kazenokomichi:20131206083329j:plain

そして、もうひとつ。

圓光寺にはサイド・オマールさんのイスラム教式の墓碑があります。

f:id:kazenokomichi:20131206091301j:plain

この墓碑は、先代の平八茶屋のご主人がここ圓光寺に建てたそうです。

ムスメが通った小学校では、広島の平和学習の前に

まず、このオマールさんのお墓にお参りに行きます。

(なので、私はここが紅葉の名所という前に、

オマールさんのお墓があるお寺として認識していました。)

勉学の希望を胸いっぱいに日本にやってきたのに、

若くして無念の死をとげてしまったオマールさん。

十八歳と言うその年齢が、自分のムスメと重なってしまい胸がつまります。

f:id:kazenokomichi:20131206003239j:plain

お地蔵さんの周りの小さな宇宙。

最後はやっぱり、あのお地蔵さんを拝んでから帰ります。

f:id:kazenokomichi:20131206003313j:plain

木漏れ日の光のなかで、にっこり♪

 

以上、4回に渡って11月の初旬から12月初旬の

圓光寺の紅葉をお届けしました。

また、冬景色、春のしだれ桜、初夏の青もみじ、夏のサルスベリ…

季節折々に行けたらいいなと思います。

おつきあい、ありがとうございました。m(_ _)m

 

<関連エントリー>


紅葉便り「十牛之庭」にて出会ったもの-圓光寺その1- - 風の小径

 

敷き紅葉のなかでにっこり♪-圓光寺その2- - 風の小径


夕暮れ紅葉-圓光寺その3- - 風の小径

 

圓光寺の記事一覧はこちら。

↓ 冬・雪景色、夏・青もみじの頃の圓光寺はこちらにまとめてあります。


圓光寺 カテゴリーの記事一覧 - 風の小径