読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

風のない日

 12月16日(月)

f:id:kazenokomichi:20131217095141j:plain

寒々とした夕方、けれど昨日は全く風がありませんでした。

f:id:kazenokomichi:20131217095019j:plain

風がまったくないので、水面はまるで鏡のよう。

f:id:kazenokomichi:20131217094857j:plain

ふと、空を見上げると、まるで白いチョークで落書きしたように

2本の線が引かれてありました。

f:id:kazenokomichi:20131217094916j:plain

落書きの間をゆうゆうと鳶が飛んで行きます。

 

f:id:kazenokomichi:20131217094931j:plain

冬木立の間から飛び出した飛行機雲は、

f:id:kazenokomichi:20131217094945j:plain

まるで打ち上げ花火のようにするするとのぼって行きました。

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20131217095036j:plain

鳶のお休みどころ。

 

(おまけ)その2

f:id:kazenokomichi:20131217095044j:plain

バス停の北側は今にも雪が降りそうな灰色の雲。

f:id:kazenokomichi:20131217095051j:plain

でも南を見たら、青空に白い雲。

出町の橋に雪雲の結界がはってあったかもしれません…。