読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

雪が降ったり、止んだり。

3月10日(月)

朝はいいお天気だったのに、電車に乗っているうちに雲行きが怪しくなって、

気がついたら、雪が舞っていました。

f:id:kazenokomichi:20140310225849j:plain

出町橋の北は雪模様。

f:id:kazenokomichi:20140310225854j:plain

でも振り返って南を見ると、まだ青空が見えています。

f:id:kazenokomichi:20140310230410j:plain

そうこうしているうちに、雪雲フィルターがかかってお日様は弱々しい光に。

f:id:kazenokomichi:20140310225901j:plain

そして5分後、いつの間にか南の空も真っ白になっていました。

雪が横殴りに降ってくるので、傘が役に立ちません。

しかも容赦なく、後ろから打ちつける感じで。

そのうち膝から下、ふくらはぎのあたりが冷たくなってきました。-_-;

f:id:kazenokomichi:20140310225947j:plain

鳶も寒そう…。

f:id:kazenokomichi:20140310225924j:plain

そして1分後。 おや? 川が再びキラキラとお日様の光を反射しはじめましたよ。

f:id:kazenokomichi:20140310225954j:plain

んん? 雪、もしかして止んだ?

f:id:kazenokomichi:20140310225931j:plain

そして2分後、いつの間にか青空。

さっき視界が真っ白になってから、5分も経っていません。

f:id:kazenokomichi:20140310225937j:plain

振り返ってみると、さっき歩いて来た道のりも青空…

空を覆い尽くしていた雪雲は一体どこに行ったの?

なんだかキツネに化かされた気分…。^-^;

f:id:kazenokomichi:20140310230001j:plain

雪止んだので、ヒヨちゃんも嬉しそうにピィーピィーと♪

f:id:kazenokomichi:20140310230007j:plain

そしてヒッヒッヒッという声がするので探したら、いましたよ、ジョビ君。

(うろちょろするので、枝かぶった写真しか撮れなかった…。)

 

その後も、雪は一日中、降ったり止んだり、晴れたと思ったら吹雪いたり…。

5分単位でコロコロとお天気が変わる一日でした。

 

(おまけ)夕方、帰る時も再びの雪模様。

f:id:kazenokomichi:20140310230012j:plain

雪のなかのアオサギさん。

脚も婚姻色(赤色)になるんですね♪