読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

瓦と梅とアオサギと。-相国寺にて-

おでかけ ひとコマ

3月15日(土)

河原の猫ちゃんの写真を撮った後に向かったのは、相国寺です。

f:id:kazenokomichi:20140318214323j:plain

梅と椿。

f:id:kazenokomichi:20140318220340j:plain

そして、その梅の向こうにある鐘楼は「洪音楼」。

f:id:kazenokomichi:20140318215740j:plain

 鐘楼の屋根の飾り瓦は「阿」と、

f:id:kazenokomichi:20140318215749j:plain

「吽」になっていました。

f:id:kazenokomichi:20140318215644j:plain

 そして「庫裏」の屋根の上には、

f:id:kazenokomichi:20140318215715j:plain

こんな鬼瓦。

f:id:kazenokomichi:20140318215700j:plain

サイドを飾る獅子はやっぱり「阿」と

f:id:kazenokomichi:20140318215706j:plain

「吽」でした。そしてこの獅子は逆立ち。

 相国寺の正式名は「萬年山相國承天禅寺」。

なので「萬年山」と刻まれています。

f:id:kazenokomichi:20140318214138j:plain

法堂(はっとう)の前の松林の中に、アオサギさんが1羽。

何故こんなところにアオサギさんが?!

f:id:kazenokomichi:20140318214128j:plain

うろうろとなにかを探している様子。

そして狙いを定めた(?)かと思うと、おもむろに細長い枯れ草をくわえ、

御所のほうへと飛去っていきました。

なるほど…、ただいま巣作りの真っ最中なのですね。

f:id:kazenokomichi:20140318214246j:plain

 梅と法堂。

f:id:kazenokomichi:20140319012639j:plain

 法堂の鬼瓦。

f:id:kazenokomichi:20140318214215j:plain

 垣根越しの梅。

f:id:kazenokomichi:20140318232503j:plain

 こちらも塀越し。満開です。

f:id:kazenokomichi:20140318214109j:plain

 この梅は一本の木に紅梅と白梅が咲いています。

f:id:kazenokomichi:20140318214115j:plain

北野天満宮に行った時にもこの紅白混在の梅がありましたが、

こうした咲き方を「源平の咲き分け」と言うのだそうです。

(北野天満宮の梅はこちら→白梅と紅梅と。-北野天満宮その2-

f:id:kazenokomichi:20140318214120j:plain

 なぜ紅白の咲き分けが源平なのか?

それは源氏の旗が白色、平氏の旗が赤だったことに由来するそうです。

asahi.comの「ののちゃんのDo科学」によると、

「もとは紅梅だった樹に白梅が咲くようになった」らしいのです。

でももともと、梅というのは原種は白色なので、

白梅になった部分は先祖帰りとも言えるだそう。

<参考>asahi.com: なぜ同じ木に2色の花が? - ののちゃんのDO科学

f:id:kazenokomichi:20140318214337j:plain

雲の向こうに、薄明光線が白い光を放っていました。

f:id:kazenokomichi:20140318214352j:plain

梅に福良雀…ちょっとボサボサ君です、笑。

f:id:kazenokomichi:20140319224617j:plain

後ろ姿はテニスボール♪

f:id:kazenokomichi:20140318214419j:plain

その近くでは、カワラヒワがキリリリリコロロロロと、

f:id:kazenokomichi:20140318214426j:plain

よい声で鳴いていました。^-^

f:id:kazenokomichi:20140318214623j:plain

放生池のそばにたたずんでいたカモ夫妻。

f:id:kazenokomichi:20140318214539j:plain

 ふあふあ、ぼさばさの芙蓉の実。

美しくあでやかな芙蓉も、枯れるとこんな風に侘び寂びの世界になるのね。

 

相国寺へ行ったのは「円山応挙展-後期-」を観るためでした。

(それについては、また別記事にて記したいと思います。)

(追記)

<関連エントリー>「円山応挙展 - Kazenonaka」アップしました。(おじぎ)