読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

薄明の時。

5月31日(土)

f:id:kazenokomichi:20140601010137j:plain

夕食の下準備をすませて、お散歩に出かけました。

f:id:kazenokomichi:20140601010643j:plain

お日様はもう西の山の向こうに隠れてしまい、薄明の時。

f:id:kazenokomichi:20140601010650j:plain

森のシルエットが、どこかの孤島のように浮かび上がります。

f:id:kazenokomichi:20140601010220j:plain

帰り道、三日月が空に浮かび上がっているのが見えました。

f:id:kazenokomichi:20140601010230j:plain

細くシャープなお月さま、

f:id:kazenokomichi:20140601010246j:plain

グラデージョンの空のなかで、輝いていました。

 

(おまけ)散歩の途中で見つけたもの。

f:id:kazenokomichi:20140601010706j:plain

へびいちご。

なんだかクリスマスの飾りのよう。

f:id:kazenokomichi:20140601010701j:plain

どくたみ。

この写真を撮っていたとき、間近のくりの木でウグイスが一声だけ鳴きました。

でも、私の気配に気づいて黙っちゃった…。

f:id:kazenokomichi:20140601010306j:plain

そしてたぬきさん…痛そう?!

 

夕刻、聴こえてきたのはウグイスとホトトギスの声。

そして6月1日の今朝、ミンミンゼミの声がしました…。

一瞬、何かの錯覚かと思ったのだけれど…

ううん、あれはたしかにミンミンゼミ。

6月のはじめに声を聞いたのは、はじめてかも。

この暑さで、蝉もあわてちゃったのかしらね。