読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

七夕の朧月夜

七月七日

f:id:kazenokomichi:20140708093023j:plain

七夕の日の夕方、薄くなった雲の切れ間からお日様がのぞきました。

f:id:kazenokomichi:20140708093042j:plain

昨日降った雨で、ようやく鴨川もよみがえり、

f:id:kazenokomichi:20140708093055j:plain

今日の亀石は、まるで天の川を渡すカササギの橋のよう。

f:id:kazenokomichi:20140708093304j:plain

 日が沈んで、空が淡くピンク色に染まりました。

f:id:kazenokomichi:20140708093255j:plain

優しい東の空には、ぽぅっと白いお月さま。

f:id:kazenokomichi:20140708093225j:plain

 雲のヴェールをかぶっています。

f:id:kazenokomichi:20140708093241j:plain

でも、穏やかにピンクに染まる東の空に対して、西の空は燃えるような空でした。

これはいったいだれの想い?

f:id:kazenokomichi:20140708093457j:plain

 夜…、薄雲がかかりながらもぼぅっとお月様は出続けました。

それはまるで、織姫と彦星をそっと見守るかように…。

 

七夕の 願いとどけよ おぼろ月