読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

大船鉾 拝観。

おでかけ 京都 祇園祭

f:id:kazenokomichi:20140722172042j:plain

再びの「大船鉾」。

お昼間に時間があったので、見に行ってまいりました。

f:id:kazenokomichi:20140722172051j:plain

お天気なので、大金幣に今日はビニールがかかってません♪

この金幣、200年前に作られたものだとか。

鉾がなくとも、ちゃんと150年の間、守り続けられてきたのですね。

(なんだかそれだけで感動してしまう。)

和紙に金箔押し。文化11年(1814年)製。

f:id:kazenokomichi:20140722172104j:plain

右舷、下から見上げた図。

f:id:kazenokomichi:20140722172115j:plain

水引、一番は飛龍に波濤の図。十九世紀のもの。(日本製)

二番は翔雲文に散らし花文様。同じく十九世紀のものだそうですが、

一部、十七世紀の中国製のものが混じっているらしいです。

f:id:kazenokomichi:20140722172127j:plain

艫高欄懸け、この鳳凰の図、なんと十七世紀のものだそうです。(日本製)

保存状態が素晴らしいです。

f:id:kazenokomichi:20140722223027j:plain

こちらは右舷側の鳳凰。

f:id:kazenokomichi:20140722172134j:plain

飾り天井がまだ出来ていないので、今年はこのようにむき出しです。

f:id:kazenokomichi:20140722172140j:plain

文字が書かれていて、興味深いです。

f:id:kazenokomichi:20140722172232j:plain

f:id:kazenokomichi:20140722172225j:plain

足もと。板に番号がふってありました。

f:id:kazenokomichi:20140722172203j:plain

巡行のときに、ご神体がおさまる場所です。

f:id:kazenokomichi:20140722172212j:plain

その上。

f:id:kazenokomichi:20140722172218j:plain

囃子方の目線で。

f:id:kazenokomichi:20140722172248j:plain

舳先。

f:id:kazenokomichi:20140722172254j:plain

胴懸けは十九世紀のものだとか。

f:id:kazenokomichi:20140722172301j:plain

車輪。

f:id:kazenokomichi:20140722172306j:plain

左舷、下から見上げた図。

f:id:kazenokomichi:20140722172317j:plain

大金幣、とても和紙で出来ているとは思えないほど重層な感じです。

新旧が融合した大船鉾、これからも進化が続きそうで、

目が離せませんね。

f:id:kazenokomichi:20140722181330j:plain

舵、降り龍と波濤の図。十八世紀、日本製。

目はガラス玉だそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20140722180650j:plain

↑拝観料は300円でした。

なお粽は売り切れていました。

(20日に買っておいてよかった。^-^;)

ほかの山も売り切れていたりしたので、

昨日はたいそうな人出だったのかもしれませんね。

 

 …というわけで、ほかの山の話に続きます。

(只今写真の整理中、しばらくお待ち下さい…m(_ _)m)

 

<関連エントリー>


祇園祭<後祭>宵山前夜 - 風の小径


後祭を飾る懸装品、そして山鉾巡行・花傘巡行。 - 風の小径