読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

10月-神無月の詩仙堂から-その1。<赤い実編>

自然 おでかけ 京都 詩仙堂

10月も半ばになり、ずいぶん秋も深まってまいりました。

なので、初秋のタイトル変更いたします、^-^;

「神無月の詩仙堂から。」です。(一部、長月の写真あるかも。^-^;)

なお、今までの「初秋の詩仙堂から。」からも
「長月の詩仙堂から。」に変更いたしました。m(_ _)m

f:id:kazenokomichi:20141014225250j:plain

嘯月楼(しょうげつろう)の鬼瓦をバックに見える赤い実。

f:id:kazenokomichi:20141014225829j:plain

この実は「ウメモドキ」と言うのだそうです。

f:id:kazenokomichi:20141014225937j:plain

僧都(鹿威し)の前にもありました。

f:id:kazenokomichi:20141015090414j:plain

ウメモドキの実は、もみじよりも一足先に秋の風情を伝えます。

f:id:kazenokomichi:20141014230231j:plain

そしてウメモドキの木の隣に、ニシキギ(錦木)が赤い実をつけていました。

なんだかまるで赤いイヤリングのようです。^-^;

f:id:kazenokomichi:20141015011804j:plain

その手前に紫式部。

f:id:kazenokomichi:20141014230442j:plain

そして庭の奥では、こんな赤い実も♪ (何の実?

(追記)この実はサンシュユでした。春には黄色いお花をつけます。

「アキサンゴ」や「ヤマグミ」と呼ばれることもあるそうです。

f:id:kazenokomichi:20141014230923j:plain

同じ万両の木から、赤くなった実と、まだ緑の実と。

f:id:kazenokomichi:20141014230916j:plain

こちらの万両はすっかり赤くなっていました。

f:id:kazenokomichi:20141014231101j:plain

千両は少し色づきはじめ。

f:id:kazenokomichi:20141014231136j:plain

クチナシの実はまだ緑色。

f:id:kazenokomichi:20141014232231j:plain

柿の木は色づいた葉っぱが、時おりハラハラと落ちてきました。

f:id:kazenokomichi:20141014232333j:plain

苔の上の柿の葉っぱ。

f:id:kazenokomichi:20141014232408j:plain

実も少しづつ、

f:id:kazenokomichi:20141014234720j:plain

色づき始めました。

f:id:kazenokomichi:20141014232537j:plain

おもしろい形の木瓜の実。

f:id:kazenokomichi:20141014232601j:plain

ヌスビトハギの実はくっつき虫になります。

f:id:kazenokomichi:20141014234602j:plain

つくばいのとなりの南天の実も赤くなりかけ。

f:id:kazenokomichi:20141014232858j:plain

そして、嘯月楼から見えた木が、ズームしたらいっぱい実がなっていました。

これはどんぐり?

f:id:kazenokomichi:20141014233538j:plain

そして、この竹林の道で、

f:id:kazenokomichi:20141014233112j:plain

みかんの房のような種が落ちていました。見上げると、

f:id:kazenokomichi:20141014233046j:plain

こんな木でした。

f:id:kazenokomichi:20141014233054j:plain

椿の実がはぜて種が落ちたようです。

ちなみにこの間の茶の種と一緒に、実家に植えてもらうつもり、^-^;

そう言えば、この種から椿油が出来るんですよね?

(今、Wikipediaで見てきたら、お茶の種からも油がとれるらしい…。)

f:id:kazenokomichi:20141014233831j:plain

はぜる前の椿の実。

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20141014234337j:plain

小さな白いきのこ、みっけ♪

f:id:kazenokomichi:20141014234731j:plain

アサギマダラ待ちで見つけた赤トンボ♪ ^-^;

 

ウメモドキ越しに鹿威しの音を撮ってみました。

 

(訂正です。)


11日にエントリーした、この記事で、マムシの子だと思っていた蛇は

どうやら、ジムグリの子だったようです。

この蛇は毒はないのだとか。

 

(お知らせ)

side blogの「京の小径 」を更新いたしました。m(_ _)m