読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

秋晴れの美術館のお庭にて。

おでかけ 京都 建物 紅葉 風景

f:id:kazenokomichi:20141028200531j:plain

日曜日、美術館の建物の向こうは秋晴れの空が広がっていました。

手前ではラ・ジャポネーズの撮影会。

f:id:kazenokomichi:20141028200626j:plain

あら?あんなところに烏の飾りはあったかしら?

f:id:kazenokomichi:20141028211841j:plain

やっぱり烏の彫刻のようです…^-^;

f:id:kazenokomichi:20141028211827j:plain

嘴が鋼のようですね。

こうしてじっくり見ると、烏はカッコイイ鳥なんだけれど。^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20141028200538j:plain

美術館のまわりの木々は少し赤くなっていました。

f:id:kazenokomichi:20141028212353j:plain

おや?こちらも向こうの建物の屋根に何かがいますよ…。

f:id:kazenokomichi:20141028200606j:plain

いたのはアオサギさん。 

こちらもまるで屋根の飾り。^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20141028212617j:plain

疏水沿いにもアオサギ1羽。

f:id:kazenokomichi:20141028212654j:plain

あ、飛んでいっちゃった。

 

f:id:kazenokomichi:20141029005116j:plain

美術館の裏側にまわると、

f:id:kazenokomichi:20141029005100j:plain

池のある庭園があります。

f:id:kazenokomichi:20141028213026j:plain

東山を借景にしたお庭。

f:id:kazenokomichi:20141028213532j:plain

カワラヒワがときおり、キリリコロロと美声を聞かせてくれます。

f:id:kazenokomichi:20141028213549j:plain

池の端は秋の色。

 

f:id:kazenokomichi:20141029004947j:plain

桜の木陰。

f:id:kazenokomichi:20141029010804j:plain

ここは落ち葉のプロムナード。

f:id:kazenokomichi:20141028212504j:plain

そこへやってきたのは1羽のスズメ。

f:id:kazenokomichi:20141028212536j:plain

何ですちゅん?

f:id:kazenokomichi:20141028212520j:plain

キョロキョロ。

f:id:kazenokomichi:20141028212901j:plain

チュン♪と、芝生に降り立つ。

f:id:kazenokomichi:20141028212918j:plain

またね♪

 

f:id:kazenokomichi:20141029005053j:plain

朱が眩しい、

f:id:kazenokomichi:20141029010850j:plain

平安神宮の鳥居。

f:id:kazenokomichi:20141029010712j:plain

では、疏水の道へとまいりましょう。

f:id:kazenokomichi:20141029004956j:plain

疏水編につづきます。

 

<お知らせ>

side blog「京の小径」更新しております。m(_ _)m


ボストン美術館・華麗なるジャポニスム展@京都市美術館 - 京の小径