読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

永観堂・禅林寺の紅葉絵巻 -その2・多宝塔、放生池編-

おでかけ 京都 紅葉 永観堂

 永観堂の紅葉絵巻の続きです。

f:id:kazenokomichi:20141204015504j:plain

さて、阿弥陀堂を出たあと、

今度は少し小高いところにある多宝塔へ行くことにしました。

 

f:id:kazenokomichi:20141204012201j:plain

池のどこから見ても、多宝塔は紅葉の向こう。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20141203230302j:plain

多宝塔は上は円形、下が方形の二重の塔。

 

f:id:kazenokomichi:20141203221545j:plain

龍吐水の上は錦のもみじでした。

 

f:id:kazenokomichi:20141203221511j:plain

 なるほど、暁の夢に仏様は見え給うのですね。

 

f:id:kazenokomichi:20141203222428j:plain

この像は安らぎ観音様。

 

f:id:kazenokomichi:20141203221602j:plain

何気に上にいらっしゃるお地蔵さま(?)たちが可愛らしいです。

 

f:id:kazenokomichi:20141203222522j:plain

御影堂の前の紅葉がまるで燃えるようでした。

 

f:id:kazenokomichi:20141203222554j:plain

御影堂の横から。

 

f:id:kazenokomichi:20141203222625j:plain

多宝塔へは、この渡り廊下の下をくぐって行きます。

 

f:id:kazenokomichi:20141203223216j:plain

階段の横も真っ赤な紅葉が続きます。

 

f:id:kazenokomichi:20141203222942j:plain

位置から考えると、たぶん瑞紫殿。^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20141203230045j:plain

程なくして、多宝塔に到着。

 

f:id:kazenokomichi:20141203230133j:plain

多宝塔からの眺め。京都市内が一望出来ます。

 

f:id:kazenokomichi:20141203223110j:plain

上から眺める紅葉も絶景。

 

f:id:kazenokomichi:20141203230210j:plain

多宝塔からの眺めを堪能したので、下に戻ってまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20141203230240j:plain

放生池の紅葉はまさに極楽浄土の世界。

 

f:id:kazenokomichi:20141203231054j:plain

池に映り込む景色も素晴らしい。

 

f:id:kazenokomichi:20141203231132j:plain

この写真に至っては、もうどれが本物のもみじで、

どれが映り込んだものか、訳がわからなくなりました、^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20141203230737j:plain

 iPhoneで撮っていたら、たまたま鯉が映り込んでいました。

おまえも放されたのかい?

 

f:id:kazenokomichi:20141203231107j:plain

極楽橋の反対側にも鯉はいました。

 

f:id:kazenokomichi:20141203231344j:plain

おや、池の後ろにかわいいお地蔵様が。

知恵と慈悲のお地蔵様♪

 

f:id:kazenokomichi:20141203231238j:plain

 画仙堂。

 

f:id:kazenokomichi:20141204005802j:plain

鏡のような。

 

f:id:kazenokomichi:20141204010936j:plain

もみじの額縁。

 

f:id:kazenokomichi:20141204010327j:plain

艶やかなもみじ。

 

f:id:kazenokomichi:20141204010432j:plain

この橋は錦雲橋と言うそうな。言い得て妙。

 

f:id:kazenokomichi:20141204010438j:plain

橋を渡った先には、辨財天があります。

(ここは渡れないようになっています。)

 

f:id:kazenokomichi:20141204010252j:plain

先の細い紅葉も、つややかな色。

 

f:id:kazenokomichi:20141204011545j:plain

池から流れ出した水は紅葉の小川となり、

 

f:id:kazenokomichi:20141204011801j:plain

紅葉のトンネルのなかを流れて行きます。

 

f:id:kazenokomichi:20141204012812j:plain

緑と紅葉が包み込むように。

 

f:id:kazenokomichi:20141204012925j:plain

 大玄関に戻ってまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20141204013326j:plain

光と影。

 

f:id:kazenokomichi:20141204013447j:plain

橙色と黄色の紅葉の優しい空間。

 

f:id:kazenokomichi:20141204013537j:plain

振り返ると、真っ赤に燃えた紅葉がありました。

 

f:id:kazenokomichi:20141204013719j:plain

最後にもう一度、振り返って中門の紅葉の名残を惜しみながら、

永観堂をあとにしました。

 

-☆-

今まで、人は多いし、紅葉の時季は拝観料高いし…と、

永観堂は避けて通っていたのです。

でも、行ってみたら、

さすが「もみじの永観堂」でした。

「もう参りました、ははっ〜」という気持ちです。^-^;

紅葉の見せ方が抜群に上手い。

もし、京都に紅葉狩りには1ヶ所しか行けないんだけれど…と言われたら、

迷わず「永観堂へどうぞ」と、言うと思います、^-^

 

-☆☆-

今回、これだけ回るのに2時間半かかりました。

それでも、中の展示などは見ている時間がありませんでした。

開山堂にいたる臥龍廊も渡らなかったし。

じっくりと見て回ろうと思うと半日かかりになるかも。^-^;

もう少し空いている季節に行って、

今回見逃したところを、じっくり見てみようと思った次第。^-^

 

<御朱印>

f:id:kazenokomichi:20141204013911j:plain

 

<関連エントリー>


永観堂・禅林寺の紅葉絵巻 -その1-(少し追記と追記写真あり) - 風の小径