読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

雪景色の圓光寺。

京都 圓光寺 おでかけ

2015年の新春、京都は60年ぶりの大雪に見舞われました。

f:id:kazenokomichi:20150111223429j:plain

その雪のなか、圓光寺に行ってまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150111223931j:plain

龍のお庭も今日(1/2)は雪のお庭です。

 

f:id:kazenokomichi:20150111224406j:plain

垣の上にもこんもりと雪。

 

f:id:kazenokomichi:20150111224521j:plain

万両も雪帽子かぶり、

 

f:id:kazenokomichi:20150111224133j:plain

木々には雪の華。

 

f:id:kazenokomichi:20150111224308j:plain

それでは、十牛之庭へと参りましょう。

 

f:id:kazenokomichi:20150111224719j:plain

十牛之庭の百日紅が雪を飾りながらお出迎え。

 

f:id:kazenokomichi:20150111224921j:plain

雪のなかの水琴窟。

 

f:id:kazenokomichi:20150111225033j:plain

本日のお花は寒椿かしらん。

 

f:id:kazenokomichi:20150111225226j:plain

十牛之庭の牛さんも雪をかぶっていますね。

 

f:id:kazenokomichi:20150111225505j:plain

格子窓から。

 

f:id:kazenokomichi:20150111225610j:plain

格子窓の前には南禅の文字の瓦。

そう言えば、圓光寺は臨済宗南禅寺派のお寺でした♪

 

f:id:kazenokomichi:20150111225420j:plain

さて、ではお庭に出てみることにしましょう。

 

f:id:kazenokomichi:20150111231542j:plain

おや、この木の上に…

 

f:id:kazenokomichi:20150111231645j:plain

なんと言うことでしょう…赤い実をつけた万両があるではないですか。

今まで何度もこのお庭を訪れているのに、まったく気づきませんでした。

 

f:id:kazenokomichi:20150112002430j:plain

雪に埋もれた南天の実。

でも先っぽは、小鳥さん(たぶんヒヨちゃん)に食べられているようですね。

 

f:id:kazenokomichi:20150111232002j:plain

にっこりお地蔵さまは…すっぽりと雪のなか。^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20150111232127j:plain

まるで、雪のかまくらのなかにお隠れになっているようです。

 

f:id:kazenokomichi:20150111232149j:plain

 池はうっすらと氷がはっていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150112001346j:plain

こちらの池も薄氷がはって、とても寒そう…。

 

f:id:kazenokomichi:20150112001104j:plain

ここ(坐禅堂)からの十牛之庭のながめはまるで雪の森のなか。

 

f:id:kazenokomichi:20150112010119j:plain

雪のなかでぽっと赤く灯火のように咲く山茶花。

 

f:id:kazenokomichi:20150112001532j:plain

東照宮(家康の墓)に登る山道から下をのぞむ。

f:id:kazenokomichi:20150112001317j:plain

こちらは東南の山。

 

f:id:kazenokomichi:20150112001646j:plain

上から見た雪の圓光寺。

 

f:id:kazenokomichi:20150112001749j:plain

ここは京都市内が一望出来ます。

 

f:id:kazenokomichi:20150112010226j:plain

五山の送り火の船形も真っ白。

 

f:id:kazenokomichi:20150112001905j:plain

雪の竹林、その向こうに見える白い建物は野仏庵。

去年末から今年にかけて、

やたらと野仏庵のキーワードでいらっしゃる方が多いな?と思っていたのですが、

どうやら入り口の羊さんの置物が皆さん目的のようです。


静寂の庵にて。-野仏庵- - 風の小径

 

f:id:kazenokomichi:20150112002302j:plain

建物も雪を抱くといつもと違う風景になります。

 

f:id:kazenokomichi:20150112002651j:plain

再び下に降りて、竹林のなか。

 

f:id:kazenokomichi:20150112002734j:plain

風が吹いて、竹の葉っぱに降り積もった雪が

まるで吹雪のように舞い落ちます。

 

f:id:kazenokomichi:20150112002856j:plain

光と影。

 

f:id:kazenokomichi:20150112002906j:plain

あかるい光がさすと、雪が輝きを増して、

どこかにかぐや姫が隠れていそう…。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20150112003336j:plain

窓から見える雪の庭。

 

f:id:kazenokomichi:20150112003254j:plain

門の屋根の雪。

 

f:id:kazenokomichi:20150112003442j:plain

つららが出来ていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150112010313j:plain

この下にいるのは、ちょっとスリリングかも…^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20150112003538j:plain

観音様も雪の帽子をかぶっていらっしゃいました。

 

f:id:kazenokomichi:20150112003505j:plain

さて、そろそろ帰る事にいたしましょう。

 

f:id:kazenokomichi:20150112003639j:plain

松に積もった雪。

 

f:id:kazenokomichi:20150112010434j:plain

葵の御紋が見えてまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150112004224j:plain

以上、雪の圓光寺編でした。

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20150112010603j:plain

帰り道の神社の鎮守の森で見つけた風景。

 

f:id:kazenokomichi:20150112010647j:plain

黄色のもみじ、雪の重みでやっと落葉したのかもしれませんね。

 

<関連エントリー>


初春の雪景色。-睦月の詩仙堂から- - 風の小径


雪の朝その2-圓光寺編- - 風の小径

↑これは去年の雪の圓光寺。

このときは、少し雪が降った程度でした。


圓光寺 カテゴリーの記事一覧 - 風の小径

↑圓光寺の記事はこちらのカテゴリーにまとめてあります。

 

(おまけのおまけ)

圓光寺とはまったく違う話ですが…^-^;;

本日、録画しておいた「ブラタモリ京都編」を見ていたら、

水路閣、そしてインクラインが出てきました。

(旅日記のほうの2年前の記事が急に注目記事にのぼってきたので

あれ?と思っていたのですが、なるほど、そういう事か…。)

ブラタモリ京都編、なかなか面白かったです。^-^

久しぶりに疏水沿い、そしてインクラインを歩きたくなりました。

↓2年前の記事、まさにタモリさんが歩いた道。


京都ミニトリップ-その2-南禅寺〜水路閣〜琵琶湖疏水分線〜発電所水圧鉄管 - 風のなかの「 旅日記」


京都ミニトリップ-その3-インクライン〜平安神宮 - 風のなかの「 旅日記」


紅葉便り-琵琶湖疏水・蹴上編- - 風の小径

 

御土居もやっていましたね。^-^


廬山寺その2-寺町通と御土居と京都七福神- - 風のなかの「 旅日記」