読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

春を見つけに♪-冬の植物園にて-

京都 おでかけ 植物園 ガクアジサイ

f:id:kazenokomichi:20150206122808j:plain

本日のエントリーは、時を少し遡って立春の前、1月終わりの植物園です。

 

f:id:kazenokomichi:20150206122829j:plain

雨上がり、甘い香りが漂ってきました。

 

f:id:kazenokomichi:20150206122822j:plain

それは素心蝋梅(ソシンロウバイ)の香りでした。

 

f:id:kazenokomichi:20150206122844j:plain

落ちそうで落ちない、雨のしずく。

 

f:id:kazenokomichi:20150206122902j:plain

まるで蝋細工のような花びら。

 

f:id:kazenokomichi:20150206234330j:plain

 子福桜(コブクザクラ)。

ひっそりと咲く可憐な桜でした。

 

f:id:kazenokomichi:20150206234610j:plain

こちらは冬桜。

冬桜は子福桜のように日が当たってなかったせいか、

ちょっと寂しさを感じました。

なんだろう…この違いは? 花がうつむき加減だから?

 

f:id:kazenokomichi:20150206122949j:plain

白梅の蕾は鶯ボールみたい♪ ^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20150206123021j:plain

ぽっ。

 

f:id:kazenokomichi:20150207000355j:plain

ぽっ。

 

f:id:kazenokomichi:20150206123121j:plain

ぽっ、ぽっ、ぽっ。

 

f:id:kazenokomichi:20150207002258j:plain

雨上がりの山茶花。

 

f:id:kazenokomichi:20150207000719j:plain

こちらは、艶やかな京唐子。

 

f:id:kazenokomichi:20150206235322j:plain

そして清楚な白侘助。

 

f:id:kazenokomichi:20150206235420j:plain

お花同士がひそひそとお話をしているよう。

 

f:id:kazenokomichi:20150206235601j:plain

落ちて、なお咲く。

 

f:id:kazenokomichi:20150206235540j:plain

そして花のまま朽ちて、やがて土にかえる。

 

f:id:kazenokomichi:20150207000151j:plain

ガクアジサイのドライフラワー。

朽ちてなお美し。

 

f:id:kazenokomichi:20150207001416j:plain

さて、足もとに目を向ければ、スノードロップの群生が広がっていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150207001816j:plain

まるで白い蝶々がたくさん止まっているみたい。

 

f:id:kazenokomichi:20150207002012j:plain

そばには黄水仙と、

 

f:id:kazenokomichi:20150207001932j:plain

可憐な水仙の花が、歌をうたっておりました。^-^

 

長くなるので、続きます。

 

(おまけ)

 

「あられ〜、うえがき、うぐいすぼーる♪ ホーホケキョ!」のCMって、

関西ローカルだったんですね…^-^;

http://www.uegaki-beika.co.jp/

(↑音が鳴るので、注意。)