読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

鳶と猫ちゃん♪@鴨川

f:id:kazenokomichi:20150502024059j:plain

いつの間にか時が経ち、気がついたらもう5月です。

 

f:id:kazenokomichi:20150502024140j:plain

暑かったので、日陰でまどろむ猫ちゃんがおりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150502024205j:plain

あ、目を覚ました。

 

f:id:kazenokomichi:20150502024249j:plain

体も小さくて、まだ若い猫ちゃんのようです。

 

f:id:kazenokomichi:20150502024334j:plain

昼寝のジャマ、しないでよねっ!

とでも言いたげな目でにらまれたのですが、^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20150502024418j:plain

次の瞬間、あら? 視線は私を通り越して違うものを凝視しはじめました。

そう言えば、今、背後でバサッと気配がしたのです。

 

f:id:kazenokomichi:20150502024753j:plain

振り返ると、目の前に鳶がおりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150502024559j:plain

もう、びっくりしたよ、鳶さん!

 

f:id:kazenokomichi:20150502024846j:plain

猫ちゃん、鳶がずっと気になっています。

 

f:id:kazenokomichi:20150502025020j:plain

なんとなくこちらも若い鳶のような気はするけれど、

 

f:id:kazenokomichi:20150502024932j:plain

それでも、猫ちゃんより大きいですよ?

 

f:id:kazenokomichi:20150502025123j:plain

あ、猫ちゃん、ついに動き出しました!

 

f:id:kazenokomichi:20150502025150j:plain

そりゃ、逃げるわな…笑。

…にしても、猫ちゃん、この鳶を狩るつもりだったんでしょうか? ^-^;

ヘタしたら、逆に自分が襲われるよ?!

 

f:id:kazenokomichi:20150502025350j:plain

あーぁ、つまんないの…と、とぼとぼと帰る猫ちゃん。

 

f:id:kazenokomichi:20150502025432j:plain

見上げたら、白い雲の上を鳶はゆったりと旋回して飛んでいました。

今日はまるで、夏の雲のようです…。

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20150502031422j:plain

コガモ夫妻、まだ鴨川に留まっています。

 

f:id:kazenokomichi:20150502025608j:plain

本日の夕暮れと、

 

f:id:kazenokomichi:20150502025628j:plain

お月様。

満月まで、あともう少し。