読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

雨の日の京都府庁旧本館しだれ桜と京都御苑の桜。 -京都桜散歩2016-

f:id:kazenokomichi:20160402230156j:plain

雨の日の桜は窓越しに。

 

f:id:kazenokomichi:20160402230620j:plain

ここは京都府庁旧本館の階段。

 

f:id:kazenokomichi:20160402230717j:plain

斜めから。

 

f:id:kazenokomichi:20160402231245j:plain

容保桜。

 

f:id:kazenokomichi:20160402232301j:plain

祗園しだれ桜の孫桜。

 

f:id:kazenokomichi:20160402231826j:plain

紅枝垂にはエナガが遊びに来ていましたが、写真は撮れずじまい。

 

f:id:kazenokomichi:20160402232412j:plain

あいにくの空模様。

 

f:id:kazenokomichi:20160402232507j:plain

中庭にて。

 

f:id:kazenokomichi:20160402232556j:plain

雨が止んだと思っていたら、ときおりぽろっと雨粒が…。

 

f:id:kazenokomichi:20160402232911j:plain

容保(かたもり)桜。

ここにかつて京都守護職上屋敷があったことから、この名がつきました。

 

f:id:kazenokomichi:20160402232844j:plain

大島桜と山桜の特徴を合わせ持った珍しい品種です。

風が強くて、枝がゆれるのでぶれぶれ…^-^;;

 

ー☆ー

f:id:kazenokomichi:20160402233908j:plain

さて、こちらは京都御苑、近衛邸趾付近の糸桜。

 

f:id:kazenokomichi:20160402234137j:plain

ちょうど見頃でした。

 

f:id:kazenokomichi:20160402234258j:plain

雨のなか、こぼれるように咲く糸桜。

 

f:id:kazenokomichi:20160402235754j:plain

流れる滝のように。

 

f:id:kazenokomichi:20160402235837j:plain

人が少ないのは雨が降っていたから。

傘をさしながらの撮影はなかなかに難しいです…^-^;

 

<関連エントリー>

f:id:kazenokomichi:20140408140419j:plain

この写真は、一昨年のもの。

やっぱり青空のなかで見たかったかな…。

kazenokomichi.hatenablog.jp