風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

宝厳院「獅子吼の庭」を歩く♪

あっという間に7月も半ば。

京都はいつのまにやら祇園祭の時期になりました。

気がつくと、いろんなところの写真だけが溜まっていってます、^-^;

とりあえず、過去に一度とりあげたことのある場所は

またの機会にあげるとして、

初めて訪れたところを書きとめておきたいと思います。

 

f:id:kazenokomichi:20190713162239j:plain

もうかれこれ2ヶ月ほど前のことになりますが、

5月の半ば、青もみじが美しい頃に、嵐山へまいりました。

天龍寺の中の「篩月」でお食事したあと、

春の特別公開(3月16日〜6月30日)をしているとのことで、

天龍寺塔頭の「宝厳院」に赴いたのです。

 

f:id:kazenokomichi:20190713164613j:plain

宝厳院山門。

瓦葺きというのが珍しいですね。

 

f:id:kazenokomichi:20190713165458j:plain

振り返ると、青もみじが美しかったです。

 

f:id:kazenokomichi:20190713165625j:plain

中に入ると、このような生垣が。

 

f:id:kazenokomichi:20190713165801j:plain

何垣?と思っていたら、「宝厳院垣」と、ここの寺院の名前そのままでした、^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20190713170057j:plain

さて、ここの庭園は「獅子吼の庭」と言われています。

室町時代に中国に渡った禅僧策彦周良禅師によって作庭され、

嵐山を借景にした回遊式庭園です。

 

f:id:kazenokomichi:20190713165955j:plain

「苦海」

対岸にあるのは「雲上三尊石」 

そして、此岸から彼岸に渡る「舟石」(写真左手)、

仏の元に渡る「獣石」があります。

 

f:id:kazenokomichi:20190713170900j:plain

苦海の奥にあるのが、たぶん龍門の滝。

 

f:id:kazenokomichi:20190713171126j:plain

新緑が美しい獅子吼のお庭。

 

f:id:kazenokomichi:20190713171053j:plain

そして、これが「獅子岩」

確かにこの角度から見ると、獅子に見えますね。

 

f:id:kazenokomichi:20190713171400j:plain

こちらの庵で、お茶をいただきました。

 

f:id:kazenokomichi:20190713171613j:plain

お菓子は紅葉をかたどったもの。

(えっと、確か記憶の限りでは鼓月さんのものだったかと…^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20190713172156j:plain

風景が青もみじの色に染まっています。

 

f:id:kazenokomichi:20190713172406j:plain

亀石、ほんとに亀に見えます。

 

f:id:kazenokomichi:20190713172311j:plain

あまり人もいなくて、静かな佇まい。

獅子吼とは「仏が説法する」という意味があるそうで、

庭園を散策し、鳥の声や風の音を聴くことで、

人生の真理、正道を肌で感じることだそうです。

(いただいたパンフレットより)

まさしく、静かに五感でお庭を感じながら歩きたいと思うお庭でした。

 

f:id:kazenokomichi:20190713172527j:plain

青もみじの中にひっとりと。

 

f:id:kazenokomichi:20190713172638j:plain

それぞれ風格のあるお顔をされていますね。

 

f:id:kazenokomichi:20190713172745j:plain

お外にもいらっしゃいました。

 

f:id:kazenokomichi:20190713172818j:plain

お隣の天龍寺がすごい人(外国人も多し)だったのですが、

ここは訪れる人も少なく、ひっそりとして落ち着いた佇まいの寺院でした。

また、紅葉が赤く染まる頃、訪れてみたいものです。

 

www.hogonin.jp

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20190713173452j:plain

天龍寺「篩月」については、

sideblogの「京の小径」のほうに記事をあげてます。m(_ _)m

kyonokomichi.hatenablog.com