読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

紅葉便り-光悦寺その1-

風景 京都 紅葉

11月に入り、もみじもぽつぽつと色づきはじめました。

f:id:kazenokomichi:20131106083756j:plain

今年もまたぼちぼちと紅葉便りをお届けします。^-^

昨日、紫野泉堂町まで出かける用事があったので、

f:id:kazenokomichi:20131106010451j:plain

その帰りに、鷹峯にある「光悦寺」に行って参りました。

f:id:kazenokomichi:20131106010430j:plain

入り口から連なるもみじは、まだ青々として。

f:id:kazenokomichi:20131106010342j:plain

でも少しずつ、色づいているもみじもあったり。

f:id:kazenokomichi:20131106010409j:plain

光悦寺は、もともとは江戸時代の芸術家「本阿弥光悦」に

徳川家康が与えた土地なのだそうです。

よってここは、芸術の一大集落であったらしい。

f:id:kazenokomichi:20131106010514j:plain

帰って来てから気づいたのだけれど、入り口の屋根瓦にお顔がありました。

これも鬼瓦の一種なのかしら?

f:id:kazenokomichi:20131106010549j:plain

もみじの木漏れ日がさす小径。

f:id:kazenokomichi:20131106010615j:plain

f:id:kazenokomichi:20131106010629j:plain

f:id:kazenokomichi:20131106010735j:plain

f:id:kazenokomichi:20131106010847j:plain

緑から赤へ。

f:id:kazenokomichi:20131106010708j:plain

本日は、雲一つない秋晴れ♪

f:id:kazenokomichi:20131106010747j:plain

鐘堂の手前のもみじも、

f:id:kazenokomichi:20131106010804j:plain

オレンジ色に。

f:id:kazenokomichi:20131106010835j:plain

お日様の光に透ける紅葉。

 

さて、ここまでが光悦寺の入り口…^-^;

ここから拝観料(300円)をおさめて、お庭に入ります。

お庭編は、また次のエントリーで♪