読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

秋海棠の咲く谷。 ー伏見稲荷大社(稲荷山)ー

おでかけ 京都 神社 自然 コミックス 伏見稲荷

f:id:kazenokomichi:20140916194527j:plain

もう日も翳る山あいの谷に咲いていた秋海棠(しゅうかいどう)。

f:id:kazenokomichi:20140916194516j:plain

ピンクの花びらに、まるでミモザの砂糖菓子がちょこっとついているよう。

この黄色の雄蕊を持っているのは雄花らしいです。

f:id:kazenokomichi:20140916194553j:plain

蕾の♡型が可愛らしいですね♪

f:id:kazenokomichi:20140916194539j:plain

秋海棠、日本には江戸時代にもたらされた帰化植物だそうです。

(追記)

芭蕉の時代にはすでに入っていたようで、一句詠まれていました。

  「秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり」 芭蕉

秋海棠は秋の季語になっているそうです。

ここで素朴な疑問…。

芭蕉の頃の西瓜って、秋海棠色だったのでしょうか?

それとも秋海棠がもっと西瓜色だったのでしょうか?

(以上、追記おわり)

f:id:kazenokomichi:20140916194603j:plain

ベゴニアに似ている…と思ったら、やっぱりベゴニア属でした。

f:id:kazenokomichi:20140916194611j:plain

さてこの秋海棠が咲く山道を登って行くと…。

f:id:kazenokomichi:20140917001126j:plain

巻物をくわえた狐が出迎えてくれました。

ここは稲荷山だったのですね。^-^

 

 この秋海棠の咲く谷までのアプローチは、旅日記に書いていますので、

よろしかったらお立ち寄りください。(おじぎ)

(おまけ)

秋海棠といえば…、

ぼくの地球を守って 漫画文庫 全12巻 完結セット (白泉社文庫)

ぼくの地球を守って 漫画文庫 全12巻 完結セット (白泉社文庫)

 

 やっぱり、ぼくタマ…^-^;