読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

槙尾山のつつじ、そして新緑の西明寺へ。(聖天堂の写真追加あり)

おでかけ 京都 自然 青もみじ 風景 新緑

少し時を遡って4月19日の日曜日、

f:id:kazenokomichi:20150428172129j:plain

雨模様の日曜日でしたが、槙尾山のつつじをみたくて、

行ってまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150429080746j:plain

ここは西明寺の裏山にあたるところで、

 

f:id:kazenokomichi:20150428171532j:plain

ピークには数万本のつつじが全山を覆うそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20150428173011j:plain

私たちが訪れた時には、ピークを過ぎていましたが、

(見頃は1週間前だったようです。)

 

f:id:kazenokomichi:20150428172922j:plain

それでも、新緑の緑とツツジのピンク色が美しく調和していて、

まるで印象派の絵画を見る思いでした。^-^

 

 

f:id:kazenokomichi:20150428172347j:plain

ちょうど雨があがり、山からは靄が立ちあがっていました。

屋根が見えている建物は西明寺です。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010715j:plain

去年の秋、高山寺、神護寺と訪れ、時間切れで行けなかったところです。

というわけで(?)、今回はまずは西明寺を訪れることにしました。

 

f:id:kazenokomichi:20150428170606j:plain

清滝川にかかる指月橋のたもとのもみじは雨に濡れて、

美しい黄緑色でした。

紅葉の頃とは違い、訪れる人も疎らです。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010316j:plain

川の流れる音に混じって、カジカガエルの涼しげな声が、

まるでさざ波が寄せるように静かに聞こえてくるだけ。

 

f:id:kazenokomichi:20150428170612j:plain

さて、西明寺はこの橋を渡っていきます。

まるでもみじのトンネルを通り抜けていくようです。

 

 

f:id:kazenokomichi:20150428170740j:plain

苔むした石塔ともみじの色で、曇り空なのにまるで光っているかのよう。

 

f:id:kazenokomichi:20150428170821j:plain

薬医門が見えてまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150429095301j:plain

門の横には石塔がありました。

 

f:id:kazenokomichi:20150428171008j:plain

本堂。

 

f:id:kazenokomichi:20150428171030j:plain

元禄十三年(1700年)に桂昌院(綱吉の生母)によって

寄進されたものだそうです。

 

f:id:kazenokomichi:20150428174101j:plain

屋根の上から綺麗な声が聞こえると思ったら、キセキレイがおりました。

去年、松尾大社を訪れた時も、

やっぱりこの屋根の端っこにキセキレイがいたのですが、

かれらはこの屋根の端っこがお気に入りなのでしょうか?(笑)

 

f:id:kazenokomichi:20150428174014j:plain

瓦には文字が彫られていました。

これは大工さんの名前なんでしょうか?

用道長兵衛さん?

 

f:id:kazenokomichi:20150428174923j:plain

本堂からのお庭の眺め。

 

f:id:kazenokomichi:20150428175149j:plain

もみじの黄緑と苔の黄緑、そして常緑樹たちの濃い緑と、一面緑のお庭。

 

f:id:kazenokomichi:20150428175159j:plain

秋にはさぞかし紅葉が綺麗なことでしょう。

 

f:id:kazenokomichi:20150428175109j:plain

客殿から鐘楼をのぞむ。

まだ、少し枝垂れ桜が残っていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150428174813j:plain

客殿から本堂の眺め。

 

f:id:kazenokomichi:20150428175004j:plain

これを鳴らして、時を告げるのでしょうか。

 

f:id:kazenokomichi:20150428174913j:plain

もみじは小さな赤い花をつけていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150428223551j:plain

客殿。

 

f:id:kazenokomichi:20150428223710j:plain

青もみじと鐘楼。

 

f:id:kazenokomichi:20150429082845j:plain

聖天堂。

面白い紋だなぁと調べてみたら、「袋」と「違い大根」なんだそうです。

違い大根は、大聖歓喜天(聖天)様への供物だそう。

(桂昌院が出た本庄家の家紋でもあるそうです。)

 

f:id:kazenokomichi:20150429005248j:plain

高野槙(こうやまき)は、樹齢700年の古木。

 

f:id:kazenokomichi:20150429005850j:plain

高野槙の松毬(?)がいっぱい。

 

f:id:kazenokomichi:20150429005426j:plain

苔の上にもぽろんとひとつ。

 

f:id:kazenokomichi:20150429005516j:plain

垂れ下がった枝を撮ったら、なんだか水墨画チックになりました。

 

f:id:kazenokomichi:20150428223805j:plain

雨に濡れた石楠花。

 

f:id:kazenokomichi:20150429082801j:plain

苔むした石灯籠たち。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010039j:plain

苔の帽子をかぶっているみたい。

 

f:id:kazenokomichi:20150429005717j:plain

雨上がりなので、水滴がついていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010134j:plain

裏庭にあった、不思議な馬の像。

 

f:id:kazenokomichi:20150429005751j:plain

緑の中の薬医門。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010509j:plain

再び清滝川。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010544j:plain

雨上がりの青もみじははっとするほど美しく、

 

f:id:kazenokomichi:20150429010614j:plain

そして、緑が目に染みます。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010923j:plain

川のそばには、シャガが咲き乱れていました。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010902j:plain

岩場で何か茶色いものの動く気配がしたのでズームすると、このコがいました。

 

f:id:kazenokomichi:20150429010917j:plain

「カワガラス」でした。^-^

初撮りです♪

 

(御朱印)

f:id:kazenokomichi:20150429011843j:plain

 

…「神護寺」に続きます。m(_ _)m