読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

アトリさん(修正と追記あり)

京都御苑 ひとコマ Instagram

桜のエントリーがようやく一段落(?)したので、

ちょっと3月の終わりに遡ります。

f:id:kazenokomichi:20140412022151j:plain

京都御苑の鳥さん水浴び場で、

(私的に^-^;)見慣れない鳥さんを見かけました。

f:id:kazenokomichi:20140412022425j:plain

やってきたのはアトリさんでした♪

(最初わからなかったので、インスタでこのこはだあれ?とたずねました、^-^;)

f:id:kazenokomichi:20140412022935j:plain

アトリはシベリア方面からやってくる冬鳥さんです。

「アトリ」って変わった名前ですよね。

ちょっとハイカラ(?)な名前。

アトリと言えば、私的には「アリソン・アトリー」をイメージしてしまうので、

なんとなく西洋の名前なのかと思っていたら、そうではないようです。^-^;

万葉の時代から「臘子鳥(あとり)」と呼ばれていたそうです。

(修正:すみません「子鳥」じゃなくて、「臘子鳥」もしくは「獦子鳥」

と書いたようです。m(_ _)m

しかし、臘子鳥をどう読んだら「アトリ」となるのかはやっぱり不明。

あと、ネットで見ていたら「集鳥」というのもありました。)

もうそろそろシベリアに帰った頃でしょうか?

<追記>

京都御苑の最新情報にアトリについてふれた記事がありました。

(最新情報といっても2007年の記事だけど、^-^;)

京都御苑の最新情報: ようこそ!冬の鳥アトリ

日本書記には欽明天皇の第3子に臘嘴鳥(あとり)皇子という親王がいらっしゃったと記されています。

なんといにしえには、アトリ皇子までいらっしゃったんですねぇ。

この記事によると、アトリはのんびり屋さんみたいなので、

まだ京都御苑にいるかもしれませんね。(追記おわり)

f:id:kazenokomichi:20140412023530j:plain

この日、他にもやってきた鳥さん。

f:id:kazenokomichi:20140412023613j:plain

シメさん、貫禄あります。

f:id:kazenokomichi:20140412023657j:plain

なんだかぷくぷくなヤマガラさん。(太り過ぎ?!)

f:id:kazenokomichi:20140412024046j:plain

そして、メジロちゃん。

f:id:kazenokomichi:20140412023842j:plain

水飲み場のそばにいたツツピ(シジュウカラ)♪

f:id:kazenokomichi:20140412023929j:plain

羽根がふわふわで、なんだかぬいぐるみチックなツツピ♪

f:id:kazenokomichi:20140412024502j:plain

ぼさぼさツツピ。(すみません、思いっきりピンぼけ…^-^;)

f:id:kazenokomichi:20140412024748j:plain

近くでガサゴソ音がすると思ったら、アオジ君がいました。

f:id:kazenokomichi:20140412024920j:plain

私の前方でテケテケあるいていたひと鳥。

f:id:kazenokomichi:20140412025044j:plain

つぐみんでした。

f:id:kazenokomichi:20140412025021j:plain

つぐみん、なんだかちょっとスリムになってない?!

(もしもしあなた、シベリアに帰る気あるの〜?^-^;)

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20140412025159j:plain

この松の木のうろに松ぼっくり入れたのだあれ?

 

(おまけ)その2

 メジロちゃんの水浴び♪ 気持ちよさそう。^-^

 

 (おまけ)その3

アトリーの本をあげておきます。^-^

グレイ・ラビットのおはなし (岩波少年文庫 (004))

グレイ・ラビットのおはなし (岩波少年文庫 (004))

 
時の旅人 (岩波少年文庫)

時の旅人 (岩波少年文庫)

 
氷の花たば (岩波少年文庫 (2133))

氷の花たば (岩波少年文庫 (2133))