読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

桜舞う野外コンサート♪

自然 風景 比叡山 建物 今週の一枚

今週の一枚「さくら2014」

f:id:kazenokomichi:20140412192231j:plain

土曜日のこと、宝ヶ池の京都国際会館の庭園が開放され、

庭園アンサンブルコンサートがひらかれるというので、行って参りました。

f:id:kazenokomichi:20140413010649j:plain

この日の演奏はオーボエファゴットによる四重奏。

f:id:kazenokomichi:20140412192222j:plain

 演奏は京都市立芸術大学の学生さんたち。

f:id:kazenokomichi:20140412192403j:plain

 ときおり、ふわあっと風にのって桜の花びらが舞い散るなか、

優しい音色を聴かせてくださいました。

f:id:kazenokomichi:20140413010258j:plain

演奏会のあと、庭園を散策。

f:id:kazenokomichi:20140413005827j:plain

展望台からは、ふだん親しんでいる宝ヶ池が見えました。

f:id:kazenokomichi:20140413010211j:plain

のどかな夕方の池のほとり。

f:id:kazenokomichi:20140413010247j:plain

振り向くと、比叡山も見えます。

f:id:kazenokomichi:20140413010339j:plain

国立京都国際会館。1966年に日本最初の国際会議施設として開設。

その昔、ウルトラセブン地球防衛軍の六甲山防衛センターとして登場したことが

あったそうですが、撮影許可が出ておらず盗撮だったとか、^-^;

f:id:kazenokomichi:20140413010411j:plain

金色の鯉が泳いでいました。

f:id:kazenokomichi:20140413010151j:plain

白鳥も1羽。

f:id:kazenokomichi:20140413010200j:plain

人が居るのに気づくと、ずんずんこちらに向かってきました。

エサがもらえると思ったようです…^-^;

f:id:kazenokomichi:20140413010418j:plain

池の噴水。

f:id:kazenokomichi:20140413010432j:plain

しだれ桜越しに。

f:id:kazenokomichi:20140413010346j:plain

 桜の後ろは芽吹きだした木々。

f:id:kazenokomichi:20140413010452j:plain

淡いピンクの桜の向こうに濃いピンク色のミツバツツジが咲いていました。

f:id:kazenokomichi:20140413010553j:plain

帰り道、山桜も咲いていました。

f:id:kazenokomichi:20140413010025j:plain

夕方の公園。

f:id:kazenokomichi:20140413184555j:plain

ちびっ子レーサーのお通りだ! ^-^;

 

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20140413010306j:plain

 砂浴び順番待ち。

f:id:kazenokomichi:20140413010313j:plain

えへへ、ぼくの番♪

f:id:kazenokomichi:20140413010526j:plain

 芽吹きだした木々の間にエナガが来ていました。

f:id:kazenokomichi:20140413010544j:plain

 山桜のなかで、うろちょろ。

f:id:kazenokomichi:20140413010548j:plain

うぅぅ、枝がかぶってしまった。

チョロチョロ動き回るので、ちっともまともに撮れません…-_-;

 

この日、帰って来たら妙にまぶたが重い。

そのままどんどん具合が悪くなって、熱を測ったら37.5℃ありました。

ううん、疲れが出たのかしたら…。

というわけで、日曜日はダウン。大人しく寝ていました。

(今、寝るのにもあきたので、これ書いてます。

でもやっぱりしんどいから、再び寝ます…。)

ー☆ー

昨日のエントリー「アトリさん」で、最初漢字を「子鳥」としていましたが、正しくは「臘子鳥」でした。

お詫びして訂正いたしますm(_ _)m

なお、追記も少し書いています。