読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

高野川のバンビちゃん♪

夕方、うっかり延滞してしまった図書館の本を返そうと

自転車で川沿いを下っていたら、

視界の端っこに茶色い動物が走っていくのが見えました。

f:id:kazenokomichi:20130801235451j:plain

犬にしては足が長かったよね?…と、

対岸の木陰に隠れた動物にズームしてみると、

f:id:kazenokomichi:20130801235505j:plain

おや、バンビちゃんじゃないの♪

f:id:kazenokomichi:20130801235514j:plain

本人…じゃなかった、このバンビちゃんは、

この木陰に隠れているつもりなんですよね、きっと。

立っている姿も撮りたかったんだけれど、ここを動かず…。

今夜はここに泊まるつもりなんでしょうか。

f:id:kazenokomichi:20130801235534j:plain

もう日が沈んであたりは暗くなってきました。

ひとり…もとい1匹で行動しているのか、それとも親とはぐれたのか…。

そういえば、先日、鴨川で写真を撮っていたら、

河原を散歩していたご夫婦に「何かいますか?」と声をかけられました。

そのときはカラスウリの花を撮っていたのだけれど、

その方曰く「先日、この辺りに鹿がいたものだから。」と。

鹿さん、そんな南の方まで遠征しているのですね。

(もともとは「法」の山にいる鹿だと思われます…たぶん。)

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20130714012449j:plain

これがその「カラスウリ」の花。

f:id:kazenokomichi:20130714012459j:plain

白いひげのようなものがモシャモシャとしていて、面白い花です。

f:id:kazenokomichi:20130714012435j:plain

 鹿がいたと言われたのは、この辺りの中州の茂みのなか。

私はいまだこの辺りで鹿を見かけたことはありません。

(今度からよぉく注意してみておこうっと。)

そして、この先の堰のあたり(よくアオサギコサギ、五位鷺様がいるところ)に

オオサンショウウオが生息しているとの話もされていました。

でっかい鯉なら見たことあるけれど、オオサンショウウオもいるの?

 

(おまけ)その2

f:id:kazenokomichi:20130801235542j:plain

たぶん今年生まれた子たち。もうすっかり若者♪

f:id:kazenokomichi:20130801235547j:plain

そのカモさんの後ろでお食事中のアオサギさん。