読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

お彼岸の圓光寺。

おでかけ 京都 紅葉 自然 圓光寺

 

f:id:kazenokomichi:20140926114716j:plain

 お彼岸に圓光寺の前を通りかかりました。

f:id:kazenokomichi:20140926114645j:plain

すると、ちょうど苔の上に彼岸花が。

f:id:kazenokomichi:20140926114634j:plain

これは「ちょっと中にお入りなさい」と言われている気がしたので、

f:id:kazenokomichi:20140928123502j:plain

中に入ることに…笑。

f:id:kazenokomichi:20140926114618j:plain

お彼岸の圓光寺の入り口には、葵の御紋が。

そうです、ここは徳川家ゆかりの寺なのです。

↓詳しくはこちら。

f:id:kazenokomichi:20140926114759j:plain

龍のうしろのもみじが、早くも色づきはじめていました。

f:id:kazenokomichi:20140926114905j:plain

一部の枝だけ紅葉がすすんでいます。

f:id:kazenokomichi:20140926114855j:plain

緑と赤が重なり合います。

f:id:kazenokomichi:20140926114920j:plain

苔のみどりと。

f:id:kazenokomichi:20140926114952j:plain

この日の水琴窟は、白い萩が添えられていました。

f:id:kazenokomichi:20140926115038j:plain

十牛之庭のもみじもほんのりと黄色に。

f:id:kazenokomichi:20140926115757j:plain

赤くなりかけているもみじも。

f:id:kazenokomichi:20140926115617j:plain

でも、手前の大きな百日紅はまだピンクの花を咲かせていました。

f:id:kazenokomichi:20140926115903j:plain

足もとには枯れもみじ。

f:id:kazenokomichi:20140926115704j:plain

南天は少し色づき、

f:id:kazenokomichi:20140926115712j:plain

ウメモドキ(たぶん、^-^;)は赤い実をつけて。

f:id:kazenokomichi:20140926115837j:plain

山の上から圓光寺をのぞむ。

f:id:kazenokomichi:20140926115722j:plain

ススキと紅葉と。

f:id:kazenokomichi:20140928125433j:plain

十牛之庭の前で甘い香りがすると思ったら、

上のお墓の生け垣の金木犀が、

もうちいさなオレンジ色の花を咲かせていたのでした。

f:id:kazenokomichi:20140926115807j:plain

いつもは閉まっている 坐禅堂が、開いていました。

f:id:kazenokomichi:20140926115926j:plain

 中では、仏様の像が静かに坐禅中。

f:id:kazenokomichi:20140926120006j:plain

池には秋の空がうつり込み、

f:id:kazenokomichi:20140926120023j:plain

池のそばにはお茶の花が咲いていました。

f:id:kazenokomichi:20140928123005j:plain

久しぶりにお地蔵さまのニッコリに出会いました。^-^

お地蔵さま、またまいりますね。

では、ごきげんよう。