読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

野点@もみじまつり

おでかけ 建物 京都 紅葉 風景 自然 むしやしない 今週のお題

今週のお題「紅葉」

11月23日 紅葉日和♪

曼殊院門跡の紅葉を堪能したあと、その隣にある関西セミナーハウスで

「もみじまつり」が9時から開催されていたので、立ち寄りました。

f:id:kazenokomichi:20131124010351j:plain

いつもは外側から撮る門を内側から撮ります。

f:id:kazenokomichi:20131124010427j:plain

茅葺きともみじ。

f:id:kazenokomichi:20131124010504j:plain

f:id:kazenokomichi:20131124010445j:plain

f:id:kazenokomichi:20131124012525j:plain

茶室への入り口。

f:id:kazenokomichi:20131124011328j:plain

茶室「清心庵」

f:id:kazenokomichi:20131124011411j:plain

ここは、オレンジ色と黄色のもみじ。

f:id:kazenokomichi:20131124011345j:plain

こちらは朱色。

f:id:kazenokomichi:20131124011422j:plain

池は一面敷き紅葉。

f:id:kazenokomichi:20131124010532j:plain

こちらが野点席。

急に立ち寄った我々はこちらでお茶をいただきました。

f:id:kazenokomichi:20131124010555j:plain

本日、こちらの野点の席をもてなしてくださるのは裏千家「一宇会」のみなさん。

構成メンバーはすべてノンジャパニーズ。

お茶を点ててくださったのは、たしかイギリスの方でした。

(みなさんお着物をお召しでした。)

お道具も茶釜以外は、インターナショナル。

ここに飾られているお茶碗はアメリカ人スタッフの作られたもの。

f:id:kazenokomichi:20131124010605j:plain

 敷物はペルシャ製。

f:id:kazenokomichi:20131124011234j:plain

煙草盆の火入はウェッジウッド

f:id:kazenokomichi:20131124010843j:plain

キセルは韓国製とのこと。(この写真はムスメ撮影)

f:id:kazenokomichi:20131124010657j:plain

 花入れはヒンドゥのものらしい。

f:id:kazenokomichi:20131124010705j:plain

お干菓子。

左の干菓子の黒い粒は大徳寺納豆、ほんのり塩味がきいていました。

真ん中はメレンゲクッキー

右はもみじの琥珀。

f:id:kazenokomichi:20131124010735j:plain

私がいただいたお茶碗はカナダの方が作られたもの。

f:id:kazenokomichi:20131124010716j:plain

いっぽうムスメのお茶、こちらはトルコの器だそう。

f:id:kazenokomichi:20131124010724j:plain

中を見ると、とてもカラフル。

そういえば、こんな模様の花瓶を友人にいただいて持っていた気がします。

あれは、トルコ製だったのか…^-^;

f:id:kazenokomichi:20131124010751j:plain

柄杓置きはナプキンリング(カナダ製)を2つ重ねて作ったものだそう。

f:id:kazenokomichi:20131124010808j:plain

棗はフィンランドからやってきたもの。

f:id:kazenokomichi:20131124011240j:plain

水差しは中国人の方の自作なんだそう。形も色合いもとても優美な水差し♪

f:id:kazenokomichi:20131124010817j:plain

茶杓は大宗匠作。ご銘は「茶趣」。

日本にて外国の方によるお茶のもてなしを受けるという、

ちょっとインタレスティングな野点でした。^-^/

f:id:kazenokomichi:20131124011447j:plain

こちらは能舞台「豊響殿」

もともとは明治31年、豊国神社で豊公三百年祭で使われた能舞台だったそう。

その後解体され、こちらに移築されたものだそうです。

f:id:kazenokomichi:20131124134429j:plain

お琴の演奏。

結構、洋楽っぽい旋律の曲を演奏されていました。

f:id:kazenokomichi:20131124011528j:plain

能舞台の背後は美しく彩られ、

f:id:kazenokomichi:20131124011537j:plain

ここは、山と一体化した景色が素晴らしいです。

f:id:kazenokomichi:20131124011642j:plain

f:id:kazenokomichi:20131124011806j:plain

f:id:kazenokomichi:20131124134846j:plain

庭園のなかの様子を少しずつ切り取って。

f:id:kazenokomichi:20131124011649j:plain

f:id:kazenokomichi:20131124011658j:plain

f:id:kazenokomichi:20131124011710j:plain

青空に映える真っ赤なもみじ。

f:id:kazenokomichi:20131124011723j:plain

もみじの向こうに

f:id:kazenokomichi:20131124011744j:plain

白いお月様が見えました。

 

10時すぎに帰宅。

それから久しぶりにホットサンドを作って、

遅い朝食(もうブランチ?)をいただいたのでした、笑。

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20131124011833j:plain

お土産に鶴屋吉信の「つばらつばら」栗入りを。(期間限定商品)

「つばら つばら」とは「しみじみと 心ゆくままに あれこれと」

という意味がある、万葉の時代からの言葉だそうです。

「浅茅原 つばらつばらにもの思へば 故りにし郷し 思ほゆるかも」大伴旅人

f:id:kazenokomichi:20131124011840j:plain

もっちりとして、そして栗味がアクセントになって、美味しゅうございました。^-^/

 

 

 <関連エントリー>

紅葉狩に行ったら鹿に出会った話。-曼殊院門跡山門-

竹林と能舞台」 去年の夏の終わりの様子です。

 

ー☆ー

結局、洗濯機はどんどん調子が悪くなり、

買い変えることに相成りました。^-^;

乾燥機はつかないタイプの縦型、明日の晩、やってきます。