読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

雪の朝その2-圓光寺編-

夕空 風景 おでかけ 京都 圓光寺 大文字

本日2本目のエントリーです。

雪の朝(1/10)、曼殊院門跡を出たあと、

坂道の雪も凍結していたところもほとんどとけていたので、

圓光寺へと向かいました。

(なんせ靴が雪対応でないため、坂道だと滑るのです…^-^;)

f:id:kazenokomichi:20140112181958j:plain

冬の圓光寺。

やっぱり雪はほとんどとけてしまっていました。

f:id:kazenokomichi:20140112182012j:plain

山茶花ケーキ♪ ^-^

山茶花の生け垣は、てっぺんに粉砂糖をふりかけたように残っていました。

f:id:kazenokomichi:20140112182157j:plain

秋には紅葉が添えられていた水琴窟、今は山茶花が一輪。

近づくと冷たい空気をふるわせて、キンコン♪とかすかな音が聴こえて来ました。

f:id:kazenokomichi:20140112182447j:plain

日陰はまだ雪帽子をかぶっていました。

f:id:kazenokomichi:20140112185621j:plain

お地蔵さまは今日もにっこり♪雪帽子はちょっと斜めに、ベレー帽風…。^-^

f:id:kazenokomichi:20140112182545j:plain

十牛の庭の雪。

f:id:kazenokomichi:20140112182600j:plain

日なたの雪はとけていましたが、竹林で影になっていたところは

まだ雪が残っています。

f:id:kazenokomichi:20140112182757j:plain

 今日は雪のお布団と枕でお昼寝中。

f:id:kazenokomichi:20140112182720j:plain

ヤブコウジ(十両)の赤が雪に映えます。

f:id:kazenokomichi:20140112184827j:plain

この切り株にいたまめ地蔵さんは今日はいらっしゃいませんでした。

f:id:kazenokomichi:20140112182652j:plain

雪はこの木の左側から吹き付けたみたい。

f:id:kazenokomichi:20140112182909j:plain

 栖龍池に映り込む坐禅堂。

f:id:kazenokomichi:20140112182319j:plain

 青空と雲も映り込んでいました。

f:id:kazenokomichi:20140112182949j:plain

お部屋から十牛の庭をのぞむ。

この時間帯、ここに居るのは私一人、貸切でした。^-^;

f:id:kazenokomichi:20140112185506j:plain

ほころびかけたわびすけ一輪。

f:id:kazenokomichi:20140112185537j:plain

枯山水も日陰だけ雪が残っていました。

f:id:kazenokomichi:20140112183000j:plain

 おや、こんなところから万両(たぶん)が…。

ヒヨちゃんあたりが、ここに運んできたのかな?

f:id:kazenokomichi:20140112182134j:plain

 ニッコリお地蔵さま、また来ますね♪

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20140112190103j:plain

この日の賀茂川、お昼の風景。

f:id:kazenokomichi:20140112190111j:plain

夕方、大文字が赤く染まっていました。

 

<関連エントリー>

雪の朝-曼殊院門跡編- - 風の小径

 

<圓光寺・秋紅葉編>

紅葉便り「十牛之庭」にて出会ったもの-圓光寺その1- - 風の小径

敷き紅葉のなかでにっこり♪-圓光寺その2- - 風の小径

夕暮れ紅葉-圓光寺その3- - 風の小径

仕舞い紅葉-圓光寺その4- - 風の小径