読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

吉田神社節分祭(追記あり)

神社 ひとコマ 風景 むしやしない 京都 おでかけ 美味しいもん 吉田神社 節分

2月3日<節分>

f:id:kazenokomichi:20140203223623j:plain

夕方、吉田神社の「節分祭」へ。

f:id:kazenokomichi:20140203224031j:plain

月曜日だからか、去年よりはまだすいています。

f:id:kazenokomichi:20140203223707j:plain

 「神鹿」

去年と前掛けの色が違いますね。毎年変わるのでしょうか。

(今年のほうがやや派手なような気が…^-^;)

f:id:kazenokomichi:20140203225149j:plain

今年も「菓祖神社」へ。

f:id:kazenokomichi:20140203223810j:plain

菓祖神社は、

果物の祖と言われる橘を日本に持ちかえったといわれる

田道間守命(たぢまもりのみこと)と、

 日本で初めて饅頭をつくったといわれる林浄因命(はやしじょういんのみこと)を

祀っています。

f:id:kazenokomichi:20140203223851j:plain

Wikipediaによると、

ダヂマモリは11代垂仁天皇の命により、非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)を求めて常世の国に渡った。10年かかって葉附きの枝と果実附きの枝を日本に持ち帰ってきたが、垂仁天皇はすでに亡くなっていた。タヂマモリは半分を垂仁天皇の皇后に献上し、残りを垂仁天皇の御陵に捧げ、悲しみのあまり泣き叫びながら亡くなったという。

タヂマモリが持ち帰った「非時の香菓」は、記紀では現在ののこととしている。「タチバナ」という名前自体、タヂマバナ(田道間花)が転じたものとする説もある。当時「菓」といえば果物のことであったが、この説話からタヂマモリは菓子の神「菓祖」として信仰されている。

 

なのだそうです。

それで「橘」の提灯なのか…。

f:id:kazenokomichi:20140203223837j:plain

豆茶とお菓子をいただきました。

去年行ったときは、お菓子はそばぼうろしかなかったように記憶していますが、

今日は他にもいろんなお菓子が山とありました。^-^;

f:id:kazenokomichi:20140203224305j:plain

「大元宮」にお詣り。

f:id:kazenokomichi:20140203230524j:plain

そして、今年は「厄祓人形(ヤクバライヒトガタ)」というのが目にとまりました。

f:id:kazenokomichi:20140203224329j:plain

ムスメが数えの19歳なので、厄祓い。

息を三度吹きかけ…とありましたが、代理の場合は吹きかけないそうです。

(ちょっと残念…^-^;)

f:id:kazenokomichi:20140203224406j:plain

鬼ころしが奉納されていました。

f:id:kazenokomichi:20140203224345j:plain

木彫りの鬼さん方相氏。

(追記)

この四つ目が気になって調べてみたら、これは方相氏だったみたいです。

Wikipediaによると、

方相氏(ほうそうし)と呼ばれる鬼を払う役目を負った役人(大舎人(おおとねり))と、方相氏の脇に仕える侲子(しんし)と呼ばれる役人(特に役職は決まっていない)が20人で、大内裏の中を掛け声をかけつつ回った。

方相氏は(ほう)を着、金色の目4つもった面をつけて、右手に矛、左手に大きな楯をもった。方相氏が大内裏を回るとき、公卿清涼殿の階(きざはし)から弓矢をもって方相氏に対して援護としてのをひき、殿上人(でんじょうびと)らは振り鼓(でんでん太鼓)をふってを払った。

ところが9世紀中頃に入ると、鬼を追う側であった方相氏が逆に鬼として追われるようになる[2]。古代史家の三宅和朗はこの変化について、平安初期における触穢信仰の高まりが、葬送儀礼にも深く関わっていた方相氏に対する忌避感を強め、穢れとして追われる側に変化させたのではないかとしている。

 

ということらしく、さらに吉田神社の追儺式(ついなしき)の説明では、

平安朝の初期より毎年宮中にて執行されていたものを、古式に則って厳修に伝承・継承されており、古の趣を現在に伝える数少ない神事の一つといえます。
その儀式は、大舎人が黄金四つ目の仮面を被り、玄衣朱裳を着装し、盾矛をとりて方相氏となり、・子(しんし※人偏に辰)という小童を多数従え、陰陽師が祭文を奏し終えれば方相氏大声を発し盾を打つこと3度、群臣呼応して舞殿を巡ります。最後に上卿以下殿上人が桃弓で葦矢を放ち、疫鬼を追い払います。

とありました。

いつも2月3日の節分当日にお詣りに行ってますが、

一度この前日の追儺式を見に行っても面白いかもしれません。

(追記終わり)

f:id:kazenokomichi:20140203224425j:plain

今年もぐるりと全国の神社をお詣り。

f:id:kazenokomichi:20140203231209j:plain

出雲大社もあります。

f:id:kazenokomichi:20140203231318j:plain

にごり酒のところで甘酒を…。

f:id:kazenokomichi:20140203231358j:plain

かなり酒粕が入った甘酒。桜の花の塩漬け入り。

f:id:kazenokomichi:20140203224224j:plain

そして河道屋で

f:id:kazenokomichi:20140203224158j:plain

 今年も年越しそばをいただきました。

f:id:kazenokomichi:20140203224148j:plain

河道屋の献燈。

f:id:kazenokomichi:20140203231930j:plain

節分恵方巻と、

f:id:kazenokomichi:20140203231903j:plain

福豆をお土産に。

さて、抽選券は当たるでしょうか…。^-^

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20140204001907j:plain

 今夜のお月さん♪

 

<関連エントリー>

去年の節分祭の様子はこちら↓


節分祭@吉田神社 - 風の小径

 

吉田神社の由緒についてはこちらに記載しています。↓


新緑の吉田神社から黒谷さんへ - 風の小径

 

そして、2015年度分は、前日の追儺式の様子、

それから吉田神社のお守りの色、

梔子(くちなし)色についての秘密を書いています。

kazenokomichi.hatenablog.jp