読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

詩仙堂の白玉椿と紅葉。-霜月の詩仙堂から-

もう師走もあと少しだと言うのに、まだアップしていない記事があります。^-^;

今年中になんとか…という訳で、

まだあげていない今年の紅葉を振り返りたいと思います。m(_ _)m

 

f:id:kazenokomichi:20141228113438j:plain

11月24日、霜月連休の最終日の朝、詩仙堂へまいりました。

 

f:id:kazenokomichi:20141227234613j:plain

「小有洞の門」

 

f:id:kazenokomichi:20141227234622j:plain

門の上には白い山茶花の花が咲いていました。

 

f:id:kazenokomichi:20141227234718j:plain

朝の光が眩しい白砂の庭。

午前9時の開門に合わせて行きましたが、

お座敷はもうすでに人がいっぱいでした。^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20141227234732j:plain

おや? 履き清められた砂の上に、ぽつんと落ちているものが…。

 

f:id:kazenokomichi:20141227234745j:plain

白玉椿でした。

 

f:id:kazenokomichi:20141227234757j:plain

りっぱな白玉椿の木には白いお花がぽつぽつと咲いています。

 

f:id:kazenokomichi:20141227234811j:plain

朝の光に輝く白玉椿。

 

f:id:kazenokomichi:20141227234833j:plain

青空をバックに。(まるでゆで卵のよう…^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20141228114132j:plain

白玉椿の木には、チチチッ チチチッと賑やかしく、

たくさんのメジロが朝食に訪れていました。

 

f:id:kazenokomichi:20141227234907j:plain

てっぺんのお花にやってきたメジロさん♪

 

f:id:kazenokomichi:20141227235011j:plain

下の様子をみて、

 

f:id:kazenokomichi:20141227235019j:plain

こっち向きました、^-^

その後、どこかに飛んでいったので、

もうお腹いっぱいだったのかもしれませんね♪

 

f:id:kazenokomichi:20141227235048j:plain

詩仙の間から。

時折、お庭のもみじの方からは

「ヒッヒッヒッ」とジョウビタキの声が聞こえて来ました。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235107j:plain

蔵の前。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235133j:plain

紅葉の向こうの嘯月楼。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235328j:plain

百花塢のお庭から。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235619j:plain

錦のもみじ。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235240j:plain

僧都のまわりには、紅葉の赤、ウメモドキの実の赤、そして万両の赤。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235300j:plain

 時折、コーンとお庭に音が響き渡ります。

 

f:id:kazenokomichi:20141228173541j:plain

 ガクアジサイもわずかですが、まだ残っていました。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20141227235509j:plain

斑入りの椿、

この椿はこの詩仙堂を作った石川丈山の名を冠した「丈山椿」だそう。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235546j:plain

紅葉の天井。

この木のほうからエナガたちの囀りがきこえてきましたが、姿は見えず。

 

f:id:kazenokomichi:20141228000158j:plain

野風呂の句の上のモミジは黄色に色づき、

 

f:id:kazenokomichi:20141228000734j:plain

奥の木々は色とりどり。

 

f:id:kazenokomichi:20141228133648j:plain

赤い縁取りのもみじの葉っぱ。

 

f:id:kazenokomichi:20141228121646j:plain

橙色の紅葉は、いつの間にか晴れ渡った青空に映えて。

 

f:id:kazenokomichi:20141228000145j:plain

赤い♡の葉っぱ。

 

f:id:kazenokomichi:20141228000857j:plain

水芙蓉はまあるい実をつけて。

 

f:id:kazenokomichi:20141228000050j:plain

残された柿ひとつ、

 

f:id:kazenokomichi:20141227235917j:plain

池に写りこんでいました。

 

f:id:kazenokomichi:20141228120916j:plain

池のまわりには千両と万両。

 

f:id:kazenokomichi:20141227235957j:plain

敷き紅葉のなかにこっそり、百両の実を見っけ♪

 

f:id:kazenokomichi:20141228000038j:plain

 紅白で、なんだか目出たい。^-^

 

f:id:kazenokomichi:20141228000059j:plain

 十両の実も可愛いです♪

 

f:id:kazenokomichi:20141228000223j:plain

黒いヤブランの実もまだ少し残っていました。

 

f:id:kazenokomichi:20141228120940j:plain

残月軒。

 

f:id:kazenokomichi:20141228121112j:plain

色づきかけた紅葉と月。

 

f:id:kazenokomichi:20141228121119j:plain

むむぅ…なんて書かれてあるのでしょう? ^-^;

 

f:id:kazenokomichi:20141228000725j:plain

今年はまだ残っていたススキ♪ 真っ赤な紅葉と一緒に。

 

f:id:kazenokomichi:20141228121413j:plain

苔の上の敷き紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20141228121255j:plain

お庭の奥でひっそりと咲く寒椿。

 

f:id:kazenokomichi:20141228133247j:plain

秋明菊の種はふわふわとした綿帽子。

 

f:id:kazenokomichi:20141228133332j:plain

 その横には、鈴虫花の種。

 

f:id:kazenokomichi:20141228133820j:plain

つくばいの苔がいい具合に…。

 

f:id:kazenokomichi:20141228133831j:plain

小川の散り紅葉。

 

f:id:kazenokomichi:20141228134038j:plain

さて、名残惜しいが、そろそろ帰ることにしましょう。

 

(おまけ)

f:id:kazenokomichi:20141228134121j:plain

この日、別の場所で出逢ったエナガっち。^-^

 

ー☆ー

もうこの記事をあげる事も出来ないまま、

年を越してしまうのでは…と、危惧しておりましたが、

なんとか今年中に書く事ができました。

あともうひとつ、ふたつ、あげそびれている紅葉がありますが、

来年の秋まで持ち越すやもしれませぬ…^-^;

2回にわけようと思っていた内容を1回にまとめたので、

画像がとても重たくなってすみません。m(_ _)m

次はやっぱりあげそびれている猫ちゃんを

今年中に振り返りたいと思います。

(と、一応予告。書いとかないと出来そうにない…^-^;)

なお、詩仙堂の記事は「詩仙堂」というカテゴリーにまとめてありますので、

ご興味のあるかたは、そちらもどうぞご覧下さい。m(_ _)m


詩仙堂 カテゴリーの記事一覧 - 風の小径

 

紅葉のカテゴリーはこちら♪ m(_ _)m


紅葉 カテゴリーの記事一覧 - 風の小径