読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

京の七夕 2015 -鴨川を渡る風に吹かれて夕涼み-

おでかけ 京の七夕 むしやしない 京都 鴨川 夜景

祇園祭後祭宵山の記事がまだ全部書けていませんが、^-^;;

先に昨日行ってきた「京の七夕」の記事を挟みます。m(_ _)m

「京の七夕」の鴨川会場です。

 

三条大橋から北のエリア。

 

風鈴灯。

 

 暗闇の中でぽうっと柔らかな光。

 

風に誘われて、チリンチリンと風鈴が涼しげな音を奏でます。

 

立秋を過ぎたからか、今夜は心なしか風が心地よかったです。

 

それとも、この風鈴の音色が涼しさを運んでくるのかしら…。

 

まあるい竹籠のなかで、ぽっと灯りはともります。

 

こちらは、南側のエリア。光の七夕が川面に映ります。

 

光の七夕飾り。

 

風に流されるように。

 

七夕飾りは揺れる。

 

光も流れて。

 

淡いピンク色の光が優しく流れて、

 

青い光は踊るように流れる。

 

今宵は涼しいので、まさに納涼床。

 

キラリ、キラッキラッと星に願いを。

 

みそそぎ川にて。さて、何の形かな? (オオサンショウウオ?)

 

竹アート作家による、竹のオブジェ。

 

 そして、ウォーターアートプロジェクション。

霧状の水の噴水(?)の壁に光を当てるプロジェクションマッピングです。

京阪電車がまるで銀河鉄道のように幻想的。

しかし、風があるので、電車のシーンで中止に。

面白い試みだけれども、気象条件(風)に影響を受け過ぎ。

七夕のストーリーまで行き着くことが出来なかったのが残念です。

 

「京の七夕」の短冊が風で揺れます。

 

星くずのような七夕の光たち。

 

提灯の暖かみのある光と、七夕の星のような青白い光が織りなす、

 

幻想的な風景を見ながら、

 

 帰ることにいたしましょう。

 

(おまけ)

 さて、こちらは、ムスメが撮ってきた「堀川会場」の様子です。

写真をムスメからもらったので、そちらもチラリとご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

(堀川会場の写真は、すべてiPhoneにて撮影。)

来年は、堀川会場にも足を伸ばしてみたいな…。^-^

 

ー☆ー

しばらく留守にいたします。

コメントのお返事は帰ってからになるかもしれませんので、

ご了承下さい。

皆様、残暑厳しい折、どうぞご自愛くださいませ。(おじぎ)

 

(おまけ)

 パンナコッタ(手前)とサマーピーチケーキ♪

どちらも美味でした。^-^

 

<関連エントリー>

2年前の「京の七夕」の様子です。

kazenokomichi.hatenablog.jp

 

kazenokomichi.hatenablog.jp

 

kazenokomichi.hatenablog.jp