読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の小径

写真で綴る季節のひとコマ 

城南宮「しだれ梅と椿まつり」その② -椿編-

f:id:kazenokomichi:20160229032133j:plain

前回のエントリー、城南宮「しだれ梅と椿まつり」の続きです。

↓前回エントリーはこちら♪

kazenokomichi.hatenablog.jp

 

f:id:kazenokomichi:20160229004127j:plain

さて、神苑はこの時期、枝垂れ梅のほかに、

 

f:id:kazenokomichi:20160227013600j:plain

いろんな種類の椿の花が咲いています。

私が行った時には、ちょうど「見頃」という案内が出ていました。

 

f:id:kazenokomichi:20160227013243j:plain

まずは青空に映える「有楽(太郎冠者)」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013226j:plain

大輪の艶やかな「蝦夷錦」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013321j:plain

 小さな「胡蝶侘助」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013336j:plain

この小ささが可愛らしいです。

 

f:id:kazenokomichi:20160227013410j:plain

茹で玉子みたいな「白玉椿」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013425j:plain

「玉の浦」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013500j:plain

愛らしい「紅侘助」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013523j:plain

「白羽衣」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013621j:plain

大輪の「岩根絞り」

 

f:id:kazenokomichi:20160227014135j:plain

そして、この小さな椿は「城南椿」

 

f:id:kazenokomichi:20160227013637j:plain

スポットライトのような光があたっていました。

 

f:id:kazenokomichi:20160229005349j:plain

たくさんのメジロ達がいましたが、

せわしなく樹々の間を行き来するため、ほとんど写真は撮れず。

 

f:id:kazenokomichi:20160229011515j:plain

青空にむかって。

 

f:id:kazenokomichi:20160228222825j:plain

大きな藪椿の樹のもとには、ちりばめられた落ち椿。

 

f:id:kazenokomichi:20160227013048j:plain

 落ちてなお、存在感を示す。

 

f:id:kazenokomichi:20160229012233j:plain

椿の道。

 

f:id:kazenokomichi:20160229012356j:plain

椿の道、その2。

 

f:id:kazenokomichi:20160227013441j:plain

 大きな大きな有楽の木。

 

f:id:kazenokomichi:20160229012604j:plain

美しい佇まい。(手前の蕾がいっしゅん、カタツムリに見えた…^-^;)

 

f:id:kazenokomichi:20160227014508j:plain

「三子(さんこ)の松」

よおく見ると、針葉っぱが3本ずつセットになっています。

 

f:id:kazenokomichi:20160229013044j:plain

満開の紅梅。

 

f:id:kazenokomichi:20160227014429j:plain

ここは「平安の庭」

 

f:id:kazenokomichi:20160227014453j:plain

 ここから見ると、2本の紅白の梅が、

まるで1本の美しい形をした梅のようです。

 

f:id:kazenokomichi:20160229013301j:plain

そして、こちらの遣水(やりみず)で、「曲水の宴」が催されます。(4月29日)

 

f:id:kazenokomichi:20160229013603j:plain

参道をはさんで南側にあるのは、池泉回遊式のお庭。

しだれ桜の咲く頃に訪れてみたいですね♪ ^-^

 

f:id:kazenokomichi:20160229013729j:plain

「室町の庭」 です。

 

f:id:kazenokomichi:20160227014541j:plain

こちらのお庭には、茶室「楽水軒」があります。

 

f:id:kazenokomichi:20160229013924j:plain

お部屋からの眺め。

 

f:id:kazenokomichi:20160229014037j:plain

お抹茶とお菓子。 お菓子は鶴屋吉信さんのお菓子でした。

梅の花ですね♪

 

f:id:kazenokomichi:20160229014221j:plain

縁側から。

 

f:id:kazenokomichi:20160229014327j:plain

お庭の向こうに見えるのは「唐渡天満宮」

 

f:id:kazenokomichi:20160227012543j:plain

「唐渡天満宮」と白梅。

 

f:id:kazenokomichi:20160227012550j:plain

こちらは紅梅。

 

f:id:kazenokomichi:20160227012603j:plain

 青空の中の紅梅はとても綺麗。

 

f:id:kazenokomichi:20160229020646j:plain

一寸法師の絵馬。

 

f:id:kazenokomichi:20160227012818j:plain

 そして、唐渡天満宮のそばの大木を見上げると、宿り木みっけ♪

 

f:id:kazenokomichi:20160227012730j:plain

おっきくて立派な(?)宿り木でした♪

 

f:id:kazenokomichi:20160227012644j:plainそして、大きな樹のてっぺんで、イカル君が綺麗な歌声を聴かせてくれました。 ^-^

 

(おまけ)

 

イカルくんの歌声♪

 

<関連エントリー>

kazenokomichi.hatenablog.jp

 

f:id:kazenokomichi:20160229030648j:plain

神苑の出口で「再入場券」を発行しているので、

それをいただくと、再び中に入ることが出来ます。

 

f:id:kazenokomichi:20160229030403j:plain

しだれ梅、綺麗だね、つぐみん♪

 

f:id:kazenokomichi:20160229030658j:plain

ー☆ー

しばらくの間、通常コメント欄をお休みいたします。

ご了承ください。m(_ _)m